2018年01月17日

moke(s)『sing a lot vol.6』@F.A.D YOKOHAMA

180117FAD.jpg2018.1.17(wed) 19:30〜
¥2,500(前売)+D代¥600
w:突然少年 / Unblock

ライブハウス企画のイベントにmoke(s)が出るということで行ってきたよー!
一応アタシの地元、近くてラクだわあ。ドアtoドアで25分。
FADはいつも空いているので、開演ギリギリに入ったら案の定ガラガラ(^^;
なんで横浜はいつも入りが悪いのかな。都心からも近いのに。

続きを読む
posted by 深月 at 23:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

『1万円の使いみち』monophonic orchestra

180114.jpg2018.1.14(日)19:00〜(105分)
@Geki地下Liberty
前半割 ¥3,500(全席自由)

前作『グリーン・マーダー・ケース』がよかったので気になっていたが、やはり行こうと直前に決めて劇団サイトから予約。わずか200円だけど前半割の日を選ぶ吝ん坊な深月ですこんにちは。(きょうびしわんぼうなんて言わんか)
予約した後に日替わりゲストなるものがあることに気づき、佐藤みゆきちゃんの日にすれば良かったと悔やんだが、まあ200円安く観られるんだからと自分を言い聞かせた。けどそんなら200円高くてもみゆきちゃんのがいいだろ、と思ったけど変更を申し出るのが面倒だったし迷惑だろうからそのままにしておいた。
でも前半割が土日だけってなんでだろ。ふつう空いてる日を割引きにするもんじゃないのか。前半平日割とかならよくあるけど。
前置き長い。

続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

lost in time 〜お屠蘇ろすと二〇一八〜

180108.jpg2018.1.8(mon) 18:00〜
@下北沢ラ・カーニャ
¥3,500 +D500

「お屠蘇ろすと」は2010年に始まったから、今回ですでに9回目! 来年やったら10回めだーー!
厳密に言うと2010年の時は「酒の肴にロストインタイム」て副題だったけどね。ラ・カーニャのワンマンは2009年の8月が最初だから、今年の夏でもう10年ということだ。早いもんだなあ。
チケ獲り合戦もどんどん激しくなって、10年前は「翌日に売り切れ」だったのが、今回は10分くらいで完売だったそうな。おそろしい。この先一体どうなるんじゃ・・・

続きを読む
posted by 深月 at 21:00| Comment(0) | LOST IN TIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

NEW YEAR MACHIDA ROCK FESTIVAL 2018

180107マチロック.png018.1.7(sun) 16:00〜
@下北沢 風知空知
前売¥3,000+D¥500

出演:2人moke(s)(町田直隆+小寺良太)/町田直隆/山口進(夜ハ短シ)/横山マサアキ(テルスター)/小高芳太朗(LUNKHEAD)/山下秀樹(ザ・ラヂオカセッツ)/大柴広己/カザマタカフミ(3markets[ ])

今年で3回目という「マチロック」、アタシは今回初参加。moke(s)が出るならハズせないからね〜。
とゆーわけで。勝手知ったる風知空知(ドリンクチケットを渡すだけで、オーダーしなくてもヒューガルデンを注いでくれるのだ(^^;)にて、2018年のライブ初めとなった次第☆
16時スタートとはいえ8アクト、急遽呼び込んだ福田詠一郎くんを含めると9アクト! かなりの長丁場だったけど全く苦にならず、最後までたっぷりと楽しんだよー。福田くんを引っ張り上げたのは、時間が巻いてしまった為。最初10分巻きになってまっちーが尾崎豊を歌い、それでもまた巻いてしまったのだ。尾崎直豊としてカウントすれば、なんと10アクト(笑)

続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

『DESTINY 鎌倉ものがたり』@横浜ブルク13

0106鎌倉ものがたり.jpg2018.1.6(sat)

やっと観てきたよー、鎌倉ものがたり!

実は・・・最初にこの映画の情報をキャッチしたときはすっごく楽しみにしてたんだけど、ポスターやら予告編が公開されるごとに「コレジャナイ」感が募り・・・。封切り後はネットでいろんな人の感想をチェックして、たぶんアタシの好みじゃないだろうなあと覚悟していた。
壮大なスケールの映像、キラキラ仰々しいCG、イカニモ売れ線な主題歌、どれもこれもアタシが3歩くらい後じさっちゃう要素ばかりなんだよネ〜(^^;
とは言え堺さんの役が作家! 着流しにソフト帽とかチョットこれは観ておかなきゃなるまい?ってビジュアルだし、おまけにウチのねずみさん(家人)がなんか乗り気っぽい。とゆーわけで、ふーふ50割引で行ってきたぜ☆

結果は・・・満足まんぞく♪
ディズニー+ジブリの実写版って感じの、壮大かつ他愛もないストーリー。ホンっトーーに、取るに足らないお話なんだけど、とにかくサカイストにとっては眼福、とゆーか胸福?とゆーか(笑)
一色先生のルックスは期待通りだし、着物の裾からチラ見えする股引さえも素敵♡
夫妻のイチャイチャらぶらぶがめっちゃかわゆいし、立ち回りで見せる凛々しいお貌もまた良し♡
基本オーバー気味の濃ゆい演技で、びっくりするシーンとか驚きすぎなんじゃ?!ってくらいの表情でコミカドさんを彷彿とさせるのも胸熱(そうか?)。
体を動かすのは苦手なはずだけど殺陣も綺麗に決まっていて、『組!』や『蛮幽鬼』でしごかれたのが未だに生きているのかしら、なんて思いを馳せたり。(あ、『真田丸』でも殺陣あったっけ?)
とゆーわけで、堺雅人を味わうにはたいへんに良い映画でした。

0106鎌倉ものがたり2.pngあとは無駄に豪華なキャスト陣。
死神役の安藤サクラがイイと噂に聞いてはいたけど、そう、まさに。なんと魅力的な死神よ。中性的で、一瞬オトコノコかと見紛うような。ちょっとイキウメの大窪人衛くんぽいな、なんて思った。ね、雰囲気似てない?
ヒロインのあの女優さんはまぁそんなに好きじゃなかったんだけど、映画見たらやっぱ可愛いよね。
堤真一はまだサブキャラとして存在感ある役だけど、チョイ役レベルなのにいい役者さんがいっぱい。ムロツヨシ、大倉孝二、國村隼人、三浦友和、薬師丸ひろ子、etc etc…

とまあ、そういうわけで観て損はなかった映画でした。
まあ1100円だからね。1800円出してたらどうだかわからないけどw(てか、いま映画の一般料金って1800円でいいのかな?)
堺さんをちゃんと観たのは真田丸以来!なので、単純にご尊顔を拝しただけでうれしかったのもあるかも・・・w
次は『北の桜守』かな? 最近アンテナ張ってないので、堺さんご出演だということも、この作品のタイトルさえも、きょう映画館で予告編見て知ったわ・・・。情報公開されたのって1年も前だったのね〜〜(大汗)


posted by 深月 at 21:00| Comment(0) | まーくん(堺雅人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする