2015年11月29日

『TRUMP』@Zeppブルーシアター六本木

151129TRUMP.jpg2015.11.29(日)13:00〜 東京千秋楽

※最初に断っておきますが、そんなに褒めておりません。
『TRUMP』ファン・Dファンの方は、ここでお帰りになることをお勧めします。





続きを読む
posted by 深月 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

moke(s)『FORGIVE YOUR DARKNESS vol.4』

151117mokes.jpg2015.11.17(tue) 19:00〜
@下北沢SHELTER
ドミコ / BUGY CRAXONE / moke(s)

moke(s)企画のイベントも4回め。モークスだから木曜日開催とか言ってたんだけど(笑)今回は火曜日☆
毎回3マンだけど、そろそろ2マンくらいにならないかな〜。対バンが苦手だと苦行がさらに長くなるというリスクもあるけど。本当はできればワンマンで観たいのだ。ワンマン、やらないかなあ・・・。
今回対バンの2バンドは名前も音も全く知らず。まっちーがTwitterに貼ってくれたYouTubeをちらっと観ただけ。

先鋒のドミコは、ギターとドラムというミニマムな編成。ギターの音色で遊び倒してる。面白い。ほぼ歌詞の聞き取れないボーカル。面白いけどアタシの好みとはちと違うかな・・・
ちなみにこんなこと呟いてらっしゃいました。↓





良いエピソードですな。
ご本人、ライブ中はほぼMCなしでしたが。
10分押しでスタートしたけど、さくっと演ってさくっと捌けてくれたお陰でちょっと巻き返した。

次峰はBUGY CRAXONE(ブージークラクションと読むらしい)は5分押しでのスタート。
ステージ前の男子率がグッと上がったなと思ったら、ボーカルギターがなんとも華奢な女の子であった。取り立てて顔がいい訳ではないのに、妙に可愛いのはなぜだろう。そりゃ男子ファンがつくわなあ。音も、ポップで聴きやすいし。
若い子なのかと思ってたら、11年前にバンジーと対バンしたという。んじゃ三十代なのかしらん。
ブージーもさくっと演ってくれたので、なんとオンタイムでトリのmoke(s)スタートにこぎ着けた! 素晴らしい。


まずはmoke(s)セットリスト、どん☆
続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

青江好祐と近藤光史&THE MNz (ざ・めがねーず)

151115プラK.jpg2015.11.15(sun) 18:00〜
@吉祥寺プラネットK

先月に続き、元ユースムースのおふたりがまたまた縒りを戻す(笑)というので、この機会をのがしてはならじと行ってきた。
実はこの日、フタリロストの予約をしていたのだが…マチネとは言え熊谷から吉祥寺だとギリギリすぎるので、泣く泣くキャンセル。マチネ開演がもう1時間早かったらなあ。若しく夜の方の出番が2つめ以降だったら…はうう(;;

さて。
ビートリッシュ(注:ビートルズ色が濃いという意味。造語らしいw)なイベントの先鋒で出演の彼ら。
青江氏はそれっぽいジャケットをお召しで、若干ガニ股気味での演奏だったり。何より楽曲がそこはかとなくビートリッシュ。
まずはセットリスト、ドン☆
続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

lost in time 〜秋の夜長にアコースティック〜 第一夜

151107ラ・カーニャ.jpg2015.11.7(sat) 18:00〜 @下北沢ラ・カーニャ

恒例、lost in timeのラ・カーニャ2デイズ。
毎回ソールドアウトになる人気公演だけど、今回のチケット発売日は仕事が入っていた! ので、だれか代わりにロッピーに行ってもらえないかと画策したところ・・・家人(ねずみ似)が代行してくれることに(笑)
両日とも見事ゲットしてくれたので、整理番号は問いませんとも。ありがとう、ねずちゅー♡

後ろの方の席だったので、ステージ上のちょっとしたやりとりが聞こえず見えずなのが少々もどかしかったけど、音のバランスも良くゆっくり全体を見回せてよかった。厨房の音が聞こえるのがちょっと難だったかな。
海北くんの頭、パーマがとれてきてるのか自然な感じでよかった。このままパーマかけないで欲しいなあ。

肝心の演奏と歌はそりゃもう最高だった。
海北くんの声は絶好調ではなかったみたいだけど(時々ノドが絡んだり、高音で声が転んだり)、それでも充分に圧倒的な歌声。ココロを震わせる声。
続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LOST IN TIME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする