2017年05月05日

『燕子花図と夏秋渓流図』@根津美術館

170505根津美.jpg例年ゴールデンウィークには小旅行に行っていたのだが、今年は誕生祝いとして4月中旬に岩手に行ってしまったので、結局アタシにとっては平常運転の日々になってしまった。まあどこも混んでるからいいんだけどね。家人だけが遊びに行ったり部屋でダラダラしているウィークであった。
1日ぐらい一緒に出かけるか、ということでカキツバタを見に根津美術館へ☆

自分で意外だったが、ここは初めての訪問。美術展はけっこうアチコチ行ってたんだけどな〜。とにかくカキツバタで有名な美術館なので、たぶん一年で一番賑わう時期なのだと思う。
急に思い立って行ったのでチケットもなく、当日券で入ったけどまず先にお庭を拝見。ほぼ真っ盛りのカキツバタ、規模はこぢんまりだけど見ごたえは有り。ギラギラ陽射しのあっつい日で、紫の色が輝くような鮮やかさ。
人も多く、写真を撮るのに良いポイントは順番待ち状態(^^;
フジもまだ見頃で美しかったし、なんといっても新緑のモミジが清々しくてよかった。

170505根津美2.jpg汗をかきかき庭をぐるりと巡った後に館内へ戻ると、エアコンの涼しさに生き返るような気持ちに。うーん、夏みたい。
そしてタイトルの『燕子花図』を拝見。
生のカキツバタと比べると、ずいぶんと花の色が青いなあというのが第一印象。葉や茎の緑も実物より少し青みが勝っているかな。きれいな緑青色(ろくしょういろ)。フラットな色や全体のレイアウトも含め、デザイン画のようで洒落ていて美しい。
絵の具が随分と剥落していてもったいない。これ、出来上がった瞬間の色はどんなだったんだろうなあ。金箔も光沢があっだろうし、もっとギラギラと派手だったかも?

となりには『夏秋渓流図』。
前述の燕子花図もだけど、これも印刷物やテレビなどで見る機会の多かった絵。今回、なぜかとても気になってしまった。知名度としては光琳のほうが高いのだろうけど、私としては其一に軍配。なぜかは不明だけど。水の流れの躍動感とか? 写実的に描かれている部分と、笹とかの妙に単純化された部分が共存している不思議さとか? はて。
こうなってみると、去年サントリー美術館であった鈴木其一展を見なかったのが悔やまれるわー。

ほかに琳派の作品がいくつか、陶器、仏像、塗り物、青銅器、宝飾時計など小ぶりな美術館だけどなかなかに見応えがあって、おおいに堪能。
チケットの絵柄になっている双羊尊も展示してあって、これだー!と大喜び。かわいいー。
素敵な美術館だったので、いい展示があったらまた来ようと思うのであった。


posted by 深月 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする