2017年02月23日

『陥没』@シアターコクーン

170223陥没.jpg2017.2.23 14:00〜
S席 ¥10,000

ナイロン100℃はお休み中だけど、ケラさんのつくる舞台は観られる。しかも出演陣は好みの方々が目白押し!
でもめっちゃ高い。高すぎる・・・と逡巡している間にソールドしてしまったので一旦はあきらめたのが、追加席の発売というニュースをキャッチ。発売日は出勤だったけど、昼休みに電話したらサクッと繋がってしまった。あらら。
と、いう訳で「これもご縁」と大枚はたいて観に行くことに決めたのであった。

<コメント>
昭和4年=世界大恐慌の年を描いた「東京月光魔曲」(2009)、昭和20年=敗戦の年を描いた「黴菌」(2010)に続く「昭和三部作」完結編の舞台として選んだのは、東京オリンピックを二年後に控えた昭和37年の新宿のはずれ。
建設されたはよいが、オープンにこぎつけられそうにない、あるレクリエーション施設。高度成長期で日本中が浮かれる中、どういうわけか時代の溝にはまってしまった一組の婚約中のカップルと、二人を取り巻く人々を描く群像劇になるでしょう。
シリーズのラストを飾るに相応しい……と気持ちよくいい放てるような分かり易い派手さには欠ける舞台かもしれません。
明示されないドラマにこそ豊かさがあると信じ、この手練れ揃いのキャストでのみ実現可能な、デリケートな会話劇を作るつもりです。御期待戴きたい。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
(公式サイトより)


最近のケラさんはバンバン賞を獲りまくって、なんだかすごい人になっちゃったよね。
『陥没』は昭和三部作の完結編ということだけど、前2作とも見逃したんだアタシ。ちぇっ。考えてみれば『キネマと恋人』も気になりつつもスルーしちゃったし、せめてコレだけでも観ることができてよかった。

ゲットしたチケットは、長い公演期間の最終週。ネタバレはなるべく避けたくても、ネット上に感想がぼろぼろこぼれてくる。どうやら上演時間が長くてめちゃ面白いコメディらしい。
そして実際観てみればほんっとうに面白くて、ケラさんなのに毒がほとんどない!珍しい〜!
とにかくいーっぱい笑って笑って、最後はちょっぴりしっとりハッピーエンド。うん、珍しいw

以降、毎度のとりとめのない箇条書き感想で失礼☆

・ケラさんのマッピング。またかとは思へど毎回キチンとかっこいい
・舞台上だけでなく劇場内の壁も利用していて臨場感すごい!
・冒頭のシーンはセットがセピアのものカラーに見えて不思議〜照明のせい?

・俳優さんはどなたもみな素敵すぎてどこを見ていいか困る
・けど、今回の深月賞(いま作った)は瀬戸康史くん!
・アイドルみたいに可愛くてアイドルなんだと思っててゴメンめっちゃうまいわ
・いや直近の舞台『遠野物語・奇ッ怪 其ノ三』でもスゴイとはおもってたけど
・今回さらにそのうまさを味わったというか思い知った感。すごいなあ

・窓子(緒川たまき)さんのヘンテコ美女がキュート♡
・大好きなそのお声も相変わらず美しく。まさに珠をころがすよう
・「マドコ・マルヤマ」脳内リフレイン
・小池栄子女史とお揃いの、レトロなホテルの制服姿がまた素敵
・並び立つおふたりの超絶なスタイルにため息しか出ない
・小池女史は安定感。すっかり素敵な女優さんになったねえ(^^

・趣里ちゃんかわいー♡ やっぱかわいー♡
・イヌコさんがぶっとびキャラじゃなく普通のお母さま。それもイイ
・お母さまかわいい。「鳩」って名前もかわいい・・・「はとさん」!
・手品師が「上妻ツマ子」という名なのは「手妻」から?
・雰囲気満点の妖しい手品師。タネはあるんだけど、もしかして・・・
・婚約者役の子は初見。とおもったら真田丸に出てた子か!
・癇に障る気がしたのは声か役柄か、それとも「春」の幻影か

・井上芳雄くんはアタシ初見かな? 綺麗な子ですね
・お上品で、女にだらしないという感じはしない(^^;
・弟を庇うシーンは胸熱。兄弟似てないけど麗しい度高い
・生瀬さんは生瀬さん。めっちゃ悪くて厚かましい奴。うまい〜
・あ、生瀬&小池ペアはクライマーズ・ハイだ!
・ロン毛の山内圭哉w 怪しいのに清春とウマが合うのが不思議
・清春と一緒だとちょっと浄化されるのかも

・声の出演で峯村リエ・三宅弘城。二人とも一声だけで判る!
・惚れ薬、本音をぶちまける砂、他。6つしかない「七つ道具」w
・瞳と是晴が砂のせいで本音をぶつけ合うシーンが気持ちいい
・設定は昭和38年。もうすぐ私が生まれる年。すんごい大昔よね
・箱スティッシュがなかった時代か・・・
・コカ・コーラを初めて飲んで「なんだこりゃ」と思った話とか
・東京オリンピック直前というのは今とリンクするけど
・あの時は戦後、今は戦前だって誰かが言っていた
・そんな話もあったと笑い話になりますよう


<キャスト>
井上芳雄・・・木ノ内是晴
小池栄子・・・大門 瞳
瀬戸康史・・・木ノ内清晴、他
松岡茉優・・・大東結
山西 惇・・・八雲浜二、他
犬山イヌコ・・木ノ内鳩、他
山内圭哉・・・船橋、他
近藤公園・・・下倉渡マネージャー、他
趣里・・・・・道下ユカリ
緒川たまき・・丸山窓子
山崎 一・・・諸星光作、他
高橋惠子・・・上妻ツマ子、他
生瀬勝久・・・大門真、他


posted by 深月 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448095494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック