2017年04月02日

青江好祐 @TSUTAYA O-Crest

170402aoe.jpg2017.4.2 (sat) 19:10〜
¥2500(+D代)

「ひまわり広場で手をつなごう 3rd anniversary event Final!!!」
↑という、ライブハウス(ライブカフェ?)の3周年記念のイベントに、青江くんがご出演。とゆーことで、行ってまいりました! 青江くんのソロ出演だけれども、近藤くんがバックでギターを弾くというなら行くしかないでしょ?
しかし☆
この日はまっちーこと町田直隆ソロのライブもあったのだ。
どっちを見に行くかものすごく迷って悩んで、間際になって出演時間を確認したらば何とかはしごできる?!と浮かれて両方に予約を入れたものである。
自分のなかですっごく盛り上がって、ワクワクとシュミレートしてたら下北沢だと思っていたまっちーライブが、何と西荻窪だった。・・・待てよ、青江くんは渋谷で、しかもクレストだ。駅からちょっと歩かねばならない。アレ?これ間に合うの? ライブってのは基本10分押しで進行するよね・・・。ちょうギリギリかも。しかも仕事(立ちっぱなしの販売系)帰りにダッシュだなんて、ハードすぎるお年頃なんですけどあうあうぅ。

ちょっと不安ではあったものの、行ってしまえば楽しむだけよ。
仕事の後に渋谷へ移動し、5階までの階段をぜーはー登ってクレストへ。到着時には女性の弾き語りを演っていて、次かな〜と思ったら次の次であった。案の定、押しているっぽい。次は女子二人が歌う数人編成のバンドで、お客さんが光り物を振ってる人が多くて驚いた。。。ライブハウスではあまり見ないよね。
わっと楽しげなアクトで盛り上がったけど、彼らがはけた時点ですでに青江くんのスタート時間を回っていてやきもき。そして青江バンドはこの日九人編成という大所帯で、つまり転換に時間がかかってさらにやきもき。ところで「やきもき」ってなんか不思議な言葉ね。


そしてやっと、やっと「青江好祐と(川道店長と共通の)友人たち」のお時間でございます〜〜!
わー!
わー!
みなさん、お祝いのイベントということで正装・盛装で華やか☆
YOSHIMIさんのゴールドなキラキラつきブラックドレスが素敵。おみ脚が艶めかしい♡
でもって、流石なエンターテイナーっぷりです青江くん!
爆笑MCっていうか、いや、歌っても爆笑をさらうんだけども。
そもそも登場SEからして爆笑アナウンスだった(笑)
とにかく盛り上がった〜〜♪

1. ロリータ
2. ライク・ア・ボウリング・ストーン
3. ゲンズブール・シンドローム
4. この胸の呼び鈴を押したのはあなた
5. ハーバーライト・ウーマン

・ボウリングのフォームも華麗。吉祥寺最後の天才・青江好祐☆
・「へえ〜とか言ったらどうですか」
・メンバー紹介で「こんどうみつじ!」と呼び捨てにしてほのかに萌え♡
・三つの袋の話(三つともキャンた◯袋というオチ)
・マロンくんと近藤くんがふたり、並んでギターを弾きながらステージのセンターまで行って戻るというパフォーマンスの時に、マロンくんがきょときょとして近藤くんが目顔で「もっとそっちへ」というやりとりをしてるのが微笑ましかった(^^
・まったく関係ないけど、マロンくんて四半世紀前のストーカーに似ていて辛い
・「ブラボー!」強要
・“オーシャンゼリゼ”を暗くしただけの曲“ゲンズブール・シンドローム”
・フランスは行ったことないので、すべて想像
・なんだかんだ言って青江くんのシャウトかっこよす
・スマッシュ・ヒット・ナンバー“この胸の呼び鈴を押したのはあなた”
・曲名を言っただけで沸くフロア
・「あなーーたーー」のフレーズで必ず皆笑う
・「ソレソレソレソレ!」で狂乱の盛り上がり!


さいっこうに楽しかった!!!
持ち時間30分、目一杯かましてくれたわあ〜♡♡
やっぱ来てよかった!

と、余韻に浸る暇もなくクレストを脱出。
名残り惜しや。最後セッションとかあるかもしれないのになあ。店長さんのバンドもどんなのか見てみたかった・・・と後ろ髪を引かれつつ、渋谷の街をひた走るのであった。
いそげ〜!!


posted by 深月 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448731657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック