2017年03月28日

moke(s) presents FORGIVE YOUR DARKNESS vol.11

170328mokes.jpg2017.3.28 19:00〜
@下北沢SHELTER
w/ wash?
\2,800(+D代¥500)

小寺良太バースデースペシャル!!
20日に誕生祭をやったけど、誕生日の当日はこの日! おめでと〜〜♡
moke(s)企画では初めての2マン・・・だったかな? 2マンだと、1時間ずつたっぷり聴けるのでうれしい☆

まずは初めましてのwash?から。噂によるとmoke(s)に負けず劣らずの爆音らしい(^^;
バンド名さえも知らなかったんだけど、めっちゃ楽しんでしまった。よかった〜!
ギターボーカルの人がなかなかに様子が良くてグー。美形とかじゃないんだけど、スタイルというか佇まいというか、何となくカッコイイのよね。
ベースの人が色々と面白かったし。ベースでコールアンドレスポンス?したり、「もうすぐ春ですね」とトランペットで“さくらさくら”を吹くしw
初見できっちりしっかりenjoyさせてもらいました♪

そして後攻がmoke(s)〜〜一曲目から新曲、“クラスター”!
この日発売の音源の一曲めなのよねー。数日前にほっくんがスタジオでの動画をアップしてくれたんだけど、それがイントロだけでおあずけ状態だったんで、これだ〜〜〜!!! と。うーん、ヘヴィーでカッコイイ!
そのあともほぼMCなしでダダダッと数曲。
アラフォーおじさんたちが真剣にはしゃいでる感、いいわー。“エイミー”とか、めちゃ奔ってるしww

音源発売の告知も。
「タイトルのない真っ黒なジャケットで、ブラックアルバム・・・」と言いかけて
「アルバムじゃないんでブラックシングルか」と苦笑いのまっちー。
黒盤でいいじゃん、とおもったらほっくんが「黒盤だね」とぼそりと。ん?りょーちんだったかな?
その黒盤からもう一曲、“DEAR MY ENEMY”。
こいつもヘヴィーだぜ。ハルくんのサンダーバードをぶん回す、アグレッシヴなほっくんが一層激しいわー。まっちーの喉は大丈夫かと心配になるほどのデス声シャウトだし。
一転して甘い声の切ない“エイティーン”。

wash?に感謝の言葉。
刺激をパーンと頬をはたかれたような、良い刺激をもらった。
同じ3ピースでギターボーカルで、ちょう爆音w、共通点が多くて親近感を持ったらしい。
「俺よりギターの音がデカい人はなかなかいない」
「一緒にツアーやりたいね」
などなど。

「新譜を出したのに、それにも入ってない新曲やります!」
って、えええ?!
ほんと多作のひとよなあ、まっちー。
楽しくてキュートな曲でした。これの音源化はいつになるんでしょ(^^;
moke(s)史上最強に楽しい“I DIG MY DIS”からの“ディスコード&ミー”で、こっちも滅茶苦茶にはしゃがせてもらった〜〜アガったーー!! おかげで次の日から3日くらい腿裏が痛かった(笑)

「物販でタオル作らねえ?」というりょーちんの発案。いいねえ。デザインが良ければ買うよ!
「ロットが多いんだよね〜」と苦笑気味のほっくん。うーん、現実的。さすがmoke(s)では泥をかぶる男。
「じゃあ皆、わかるよね?」とりょーちん。「たくさん作って・・・」
「たくさん買うー!」応えるお客さんたちwwww 皆いい人たちだな!
さすがだなー、ドラムのマエストロ小寺良太。文字通りの太鼓持ち☆ いえ、素晴らしいムードメーカー。このりょーちんがいてこそ、ほっくんの泥かぶりキャラがあるんだろなー。そんなリズム隊がいるからこそ、ギターボーカルのまっちーがさらにキラキラとカッコイイ訳で。

リグレット、REWIND、結晶。本編ラストに、ビューティフルルーザー。
町田直隆の声から耳が、目が離せない。
小寺・海北の築くちょう盤石な櫓の上に立って、奏でられるメロディと声。
三人が産み出す生の音を身体中でビリビリと感じていた。なんていう贅沢だろう。

アンコールでは、黒盤から残る一曲“デスバイサウンド”。
おおお! いいー! ポップ!
まっちーの艶のある甘い声で「もう限界、助けてよ」なんて言われたらメロメロですよもう! 邪でゴメンw

そして焦らしに焦らした告知が・・・
「ワンマンやります!」
ぎゃーーーーーーー!!!!
とうとうワンマン! 初ワンマン!
5月21日、日曜の、何と昼公演。
ほっくん曰く「ライブの後にご飯食べて帰ってもサザエさんが見れる」w

この告知、したくてしたくてウズウズしてたろうなあ。
ほっくんなんて「ふっふっふ」とか言いつつ「焦らしの海北」だなんて名乗る始末w(なんかやらしい)
ロストでは絶対ありえないキャラww 面白すぎる。
この三人、リズム隊ふたりが戦隊モノのイエローだな〜。で、赤と青の両方をまっちーが担っているという。んー、面白いバランス。

アンコール2曲め、最後の最後は胸いっぱいの“ヒムス”。
味わい尽くしました。素晴らしいライブでした。ありがとう。

大満足の夜。
この後、飲みに行けたら最高なんだけどな。
電車の中で反芻しつつ、次のライブに期待を込めて思いを馳せる。
moke(s)はビッグになる!! 


01. クラスター
02. メタリック リトミック
03. ハムレット
04. エイミー
05. DEAR MY ENEMY
06. エイティーン
07. 新曲
08. I DIG MY DIS
09. ディスコード&ミー
10. リグレット
11. REWIND
12. 結晶
13. ビューティフルルーザー
enc.
14. デスバイサウンド
15. ヒムス


posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック