2017年04月20日

『この世界にはない音楽』ZENRYOKU劇音団

170420zenryoku.jpg2017.4.20(木)19:00〜
@高円寺アトリエファンファーレ
前売:4000円

ZENRYOKU劇音団の旗揚げ公演は、気になりつつも日程が合わずに諦めた。それが去年の秋。この春に第二回公演があるということで、今度こそはと観に行った。前回公演に出演していた神田さん(鶴のベーシスト)が今回は出ていないというのが残念だったけど、とりあえずむっちゃん(武藤晃子)が出るのであればそれでいい。むっちゃんに逢いたい!

この演目自体は再演で、わたしは2009年版を観ているのだ。むっちゃんプロデュース「むーとぴあ」の第一回公演で。キャラメルボックスの西川くんが作曲家の役で、落ちこぼれ悪魔のむっちゃんとのやりとりが可愛らしく、且つしっとり切ないお話だった・・・とおもう。内容はあんまり憶えてないのよね(^^;)傑作ではないけれど、しっとりほっこりよかったね、というくらいの佳作だったように記憶している次第。
このブログを遡ってみたけど、残念ながら書いてはいなかった。自分のための備忘録でもあるんだけどなあ、コレ。やっぱちゃんと書かないと(^^;
ということで、観てみたら。
びっくりするくらい、違う話になってた! 原作は一緒でも、脚本は違う人が書いてるのね・・・。
作曲する人のところに落ちこぼれ悪魔が来る→いい曲が書けるのと引き換えに魂を渡す、という契約を巡ってすったもんだ→笑わせておいて、ラストは切なくも温かい涙がほろり。・・・って土台だけは同じだけど、それ以外はまるっと別ものだったわー。今回の方が笑いの要素が多めだったかな? でもって今回もまあまあの佳作といった感じ。

ラスト近くでこっそりハンカチを使ったのは本当だけど、でも微妙に飲み込めてないところも多々あり。でもあれがこうでそうなって・・・アレ?とか考えるのはやめて、感情に身を委ねてたのしむことにした。それで正解かな。
だってね、飲み込めなかった理由はたぶん、ところどころ舞台に集中できなかったからだとおもうのよね。客席がちょっと残念な状態だったので。あまり観劇したことない人が多かったのか、上演中とは思えない客席の状態だったのよ。
鞄をガサゴソして何やら取り出し、プラ包装をバリバリ音立てて開ける人。お喋りする人たち(アタシの隣、斜め後ろ、何度も喋っててイライラ)。スマホを見てる人も!!
上演前にお喋り禁止とかスマホは電源オフとか、注意喚起してほしい。。。まあ遅れてくる人も多くて、開演前に告知しても意味なかったかもね。そうなの、遅れて来る人めちゃ多くて。狭い会場に席も詰め詰めだから、遅刻者が来るたび立ち上がって椅子どかして、それで余計開演が遅れるっていうね。演劇で10分押しとか普通ないでしょ。スタンディングライブじゃないんだから、5分前には着席してくださいよ本当にもう。

・・・とまあ近年稀に見る酷い観劇コンディションだったのに、ちょびっとでもウルウルできたことは不幸中の幸いかもねえ。

ああ、つい文句たれてしまった。イカン。よかったところについても言及しましょ。
主演?のカンタ役の人はミュージシャンということだけど、なんかフツーに役者してた。すごいね。
舞台は初めてというメダリストの田中嬢も、うまくはないんだけどふんわりした雰囲気が良かったな。
牛頭さんがすごくいい声! 初見だけどいい役者だなあと思ってたら、この人もミュージシャンだった(笑)
曽根&馬場のバカップルも微笑ましかったなー。このふたりは役者さん。
ミヒャエルは・・・面白いんだけど、この役必要かなあ(^^;)演者(この人もミュージシャン?らしい)のせいとかじゃなく、脚本としてね。あんまり笑いに転びすぎるとツライかな〜。
日替わりゲストも知らないミュージシャンだったけど、面白い方でした(笑)
そして何と言ってもむっちゃんですよ。やっぱよかったわー。かわいいわー。せつないわー。最後に人間で登場した時のキュートさ! 素敵な歌声も披露してくれました♡

なんだかんだで、やっぱ観に行って良かったかな。
どうやら旗揚げ公演はもっと音楽寄りだったらしいけど、またそういうのも観てみたいともおもったり。
演劇と音楽(ロックorポップス)の融合というと、私にとってはなんたって東京ハートブレイカーズ! 当時は「何なのこれ」的な評価もあったけど、最近になって割と市民権を得て来はじめたっぽい気がするのだけど、THBは時代が早かったのかなあ・・・。またやってくれないかなあ、THB。


Cast ※デイリーゲスト有り
ナカノアツシ
三木大輔
植田健一
田中雅美
東松史子
根本大介
武藤晃子

Pianist
田中大介

ZERYOKU劇音団


posted by 深月 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449385209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック