2017年04月26日

『空と雲とバラバラの奥さま』クロムモリブデン


170426クロム.jpg2017.4.26(水)19:30〜
前売:3600円

アベジョー(阿部丈二)の客演と聞き気になっていたものの、クロムは微妙に苦手なのでスルーするつもりが、えんぶショップでちょびっと割安のチケットが出ていたのでついポチってしまった。そんなわけでおそるおそるで観に行ったけれど、割と楽しめたのでまあ良かった。ほっ。


森の奥のそのまた奥に奥様の細道がありました。嫁ぎ嫁いだ花嫁が嫁いで驚愕!
二人の旦那がお出迎え、他にも奥様いるじゃない、お妾さんもいるじゃない、
姑さんも沢山いれば、女中も奴隷もてんこ盛り。
バイトのような花嫁は、派遣妻になれるのか!正妻になれるのか!
別れる時は分裂してもらいます!
頭かくしてツノかくさず!
ブキミなコトブキ!ウキウキコトブキ!
何故人は嫁ぐのか!
何故人は嫁を目指すのか!
公式サイトより>


いつもの通りネタバレ気にせず書きますよ。
さくっと箇条書きにて。


・アベジョーはメインキャラのひとり、海彦役
・その母役が森下くん。声も高いし女役ほぼ違和感なしw
・ふたりともめっちゃ厭な奴。うまい!憎々しい〜!
・被害者の家族が加害者の家族を奴隷としてこき使う話
・実は被害者と加害者が逆なのだが。。
・謎の通りすがり?山野という男の入れ知恵による偽装工作
・脈絡もなく京劇風の鳴り物。チャンチャンチャ〜ン☆
・王様気取りのアベジョーは四人の女を娶り、分業制に
・家事係、妾、遊ぶ係、子を産む係
・妻の分業制は夫の経済力が必要よね。妾は妻じゃないけど
・偽医師のマッケンナって、結局何だったのだろう
・笑いのツボが違うのか、皆が笑うのが解らない部分も少々
・アタシがお笑い苦手なのも同じ原因かな
・第四夫人の猫田ねこと山野の交流がよい雰囲気
・夫に触れることなく身籠り子を産むねこ。ん?
・山野役の役者さん、なんかいいなあ
・音響が良かった。爆音だけど高音じゃないから耳も無事
・重低音がすごくて身体中にびりびり響いた。気持ち良い


訳がわからないんだけど、面白かった。
わからなくても、そのままでいいかと概ね満足して劇場を後にした。
でもひとつ気になったのが、劇場の建物の一階でも何か催しがあるらしく?私と同じく舞台をみていたお客さんが、次々とチケットを見せて扉の中に入って行ったこと。
何があるのか気になったけど何も表示がなくて、スタッフらしき人に聞いても言い淀むばかりだったのでなんとなく気分が悪かった。
本当に、あれはなんだったんだろう?


posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック