2015年11月15日

青江好祐と近藤光史&THE MNz (ざ・めがねーず)

151115プラK.jpg2015.11.15(sun) 18:00〜
@吉祥寺プラネットK

先月に続き、元ユースムースのおふたりがまたまた縒りを戻す(笑)というので、この機会をのがしてはならじと行ってきた。
実はこの日、フタリロストの予約をしていたのだが…マチネとは言え熊谷から吉祥寺だとギリギリすぎるので、泣く泣くキャンセル。マチネ開演がもう1時間早かったらなあ。若しく夜の方の出番が2つめ以降だったら…はうう(;;

さて。
ビートリッシュ(注:ビートルズ色が濃いという意味。造語らしいw)なイベントの先鋒で出演の彼ら。
青江氏はそれっぽいジャケットをお召しで、若干ガニ股気味での演奏だったり。何より楽曲がそこはかとなくビートリッシュ。
まずはセットリスト、ドン☆
続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

剃毛&また生えてくる@ひまわり広場で手をつなごう

151003剃毛〜.JPG2015.10.3(sat) 18:00〜 前売¥2,500- D代別

「剃毛&また生えてくる」というのは、元ユースムースアヴェニューのおふたり─青江好祐氏と近藤光史氏の(新進気鋭)デュオだそう。
二年前にもライブがあったんだけども、残念ながら見逃してしまったアタシ。今回めでたく初参戦♪
けど思うでしょ? 何でこの名前なの・・・って。
どういう意味があるのかよく判ってないけど、そこはかとなく卑陋なかほりのするネーミングは、きっと青江センスなのであろう。(先っちょマッカートニーとかね)
大好きだったユースムース、大好きなふたりが一緒に演る! あすは川越にプチ遠征で連荘だけど、これは行かずばなるまい・・・というわけで行って来た!!

「ひまわり広場で手をつなごう」というイベント名だと思ってたら、店の名前であった。アットホームな雰囲気のカフェ&ライブスペース。へえーへえー。
カフェだけあって、ワンドリンクがおざなりじゃないのがいい。でもビールが800円はチト高い・・・。
でも直前にアイスコーヒーを飲んでお腹が冷えたので、温かい飲み物があるのが有難かった。カフェオレ600円也。
いやしかし。こんなかわいらしいカッフェーで、お目当ての出演者はと訊かれ「えーと、て・ていもう・・・」と答えるのはちみっとハードル高いぞ(^^;

きょうの出演者は5組で、一番め二番目と女の子ひとりの弾き語り。
真っ白な壁、ナチュラルウッドのダイニングテーブルや椅子、かわいらしいカフェにぴったりなお嬢さんたち。お客さんの雰囲気も、普段行き慣れたライブハウスとは全然違う。ここで「剃毛」が演るのか・・・。いいのだろうか・・・。という、よく判らない不安がよぎる。けど剃毛を見たことないアタシが何を心配してんのかがすでに判らない(笑)
そして三番め。アタシのお目当てである、不思議なバランスのルックスをした男子2人組登場☆
近藤くんはパイピングのジャケットにネクタイで、キュートなトラッド系。
青江氏は柄のシャツにヒゲ・・・。どことなく漂う胡散臭さ(^^;

そして・・・
いやー、もう大満足♡
持ち時間がたった30分というのが物足りない! あっという間過ぎて、もっと聴きたい!
サウンドオブサイレンスの美しいハモりで始まって、ハッとしたのも一瞬。最初のワンフレーズだけで「はいっ、という訳で〜」と落とす。30分のアクトのうちで5、6回やってた。もうその度に笑った。ハモりが美しいからギャグになるんだよなー。
洋楽カバーを何曲か、それと店長さんのバースデープレゼントとして店長さんが昔やってたバンドの曲をワンコーラス、オレたちの昔のレパートリーと言って“冬の稲妻”を歌い出して爆笑、ユースムース時代の曲“トゥー・ヴァージンズ”も。

相変わらず青江氏のトークはなんていうか自由というか、もう、独擅場ていうか最強だなあ。
バンド名を告げるハードルを上げてしまったことについてのお詫びから始まり、ユースムースを「どっこいハム太郎」という定番ネタも有りーの、店長さんとの昔話だとか、クリスマスは稼ぎ時だとか。。。
「次の曲で、ほぼほぼ最後です」と青江氏が言い、「ほぼって何よ?」と近藤くんが突っ込んだの、アレはわざとかなあ。
普通に最後だと言うと「えーーーっ」ってお客さんが言うじゃないですか。実際一番めと二番目の女の子のときは、両方とも盛大な「えーーー?!」があって、「皆さん優しいー!」なんてやってた訳ですよ。イヤそれが悪いとかなわけじゃなくて、アタシはちょっと、苦手と言うか。えーって言うの?言わないの?っていう空気が。えーってなっても、えーっがなくても、何かちょっと気持ち悪いのだ。何となく。
青江くんは、あのむずがゆいやり取りをやらずに済むようにしたのかなあ、なんて。考え過ぎかな。
そしてラストに小坂忠の“ありがとう”。作詞作曲は細野晴臣だとか。知らない曲だったけど、帰ってから調べた。
「(ありがというタイトルなのに)歌詞が全然感謝してない感じが好き」だと青江氏。なるほどー。

半分漫談、あとの半分は美しくもチャーミングな歌の数々。
曲数もいっぱいあったような気もするけど、MCもたっぷりだったし、思い返せば30分にしては盛りだくさんだった気もする。
ああ楽しかった!
来月はまたこの2人組でやるんだそうな。今度はバンドで!
それも楽しみーー!!

青江氏Twitterアカウント

近藤光史OfficialWebsite



posted by 深月 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

『LET'S SHIMOKITA ONDO AGAIN』馬浪マラカス団

150911馬浪a.jpg2015.9.11(fri) 19:30〜 @下北沢440

ここんとこライブに観劇と立て込んでいたのでガマンしよう・・・と思ってたんだけど、家人が飲み会で不在だし、主催が馬浪さんのイベントだしなあ・・・
てな訳でやっぱり行ってきちゃった♡

いつものまったりした雰囲気のつもりで行ったら、とんでもない。440はお祭り会場!
店の外にある手すりには“シモキタ音頭”の歌詞が印刷された巨大バナーが張られ、店内はあずま通り商店街の提灯が下がってるww きっと商店街から借りたんだろうなあ。うーん、さすがグランプリを獲ったバンドは違うぜ。
もちろんお客さんもわんさか。テーブルと椅子はステージ前の数組だけで、あとはスタンディングでみっちり満杯。前方テーブル席にいたので、振り返ると後ろはカオス状態w どうやら100人くらい入ってたらしい。すごいな〜

続きを読む
posted by 深月 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

『コンドウナイトvol.2!!』@下北沢BAR? CCO

150829コンドウナイト.jpg2015.8.29(sat) 20:00〜 ¥3,000(2D付)
近藤金吾/近藤光史/コンドウヒロユキ

ささやかながら応援しているコンドウミツジくん。本当はバンドで観たいんだけどなかなか予定が合わず、ずいぶん間があいちゃったので弾き語りライブにお邪魔してきた。
何と!出演者3人とも近藤さんのコンドウナイト!(他のふたりは初見)
入場すると名前を訊かれ、「近藤ミヅキ」と書かれた名札を首にかけられた。お客さん・スタッフとも全員「近藤」を名乗って一体感を得るという?趣向らしい(笑)

スタートはコンドウ3人でセッション。曲は近藤マッチの“スニーカー・ぶる〜す”。タイトルの表記を確認したら「ぶる〜す」ってww ひらがな&伸ばす音のにょろが時代を感じるw
コンドウヒロユキくんがスマホで歌詞を見ながら歌ってたw
何回か、客席に向かって「こんどうさーん!」とのコールあり。もちろん全員で「いえーい!』とレスポンス(^^

マッチの曲で昔のカラオケスナック的な盛り上がりのあと、コンドウヒロユキくんの出番。
鍵盤男子とふたりで、しっとりめなアクト。盛り上がった後だけにギャップがあり、本人も自分のペースが掴みにくいと苦笑い。
前の晩に予習で動画サイトをちょいと覗いた時は、曲がラップだというだけで「わー、苦手系だ」と早々にウィンドウを閉じたのだけど、実際に生で聴いてみるとそんなことはなかった。
ラップは1曲だけだったし、そもそもその曲も歌詞が面白くて聴きいっちゃったし。他はやさしげな曲、かわいい曲と、ソフトな感じで聴きやすかった。

2番目がミツジくん♪(Macよ、密事と変換するのはやめてくれ)
弾き語りでも立って演奏するのね〜。でもって音、でか! 声でか! 本人も「ヒロユキくんに比べてデカ過ぎる?」とw
そして風車弾き&ジャンプ!も演ってくれた〜。てかもうソレがネタ化してる(^^;
じゃらじゃら弾いてじっくり歌い上げる・・・ってな「弾き語り」のイメージとはかなり遠いわー。いやもう、ソレでいいですOKです好物ですので。
MCではおばあちゃんのたきゑさんの話を。(アタシのおばあちゃんの名前もその「ゑ」だよ!「ともゑ」だけど!)ミツジくんはおばあちゃんっ子で、可愛がってもらってたらしい。
おばあちゃんが亡くなった時も、告別式がライブと重なってしまった時も、葬儀場の都合だかで日にちが変更になったとか。愛されてるのねえ。
地元駅のうただという“うねの”は、ふしぎな感じ。地元から遠く離れて外つ国へ、ビートルズの“ノルウェイの森”。アコギをシタール風に演奏。おもしろいな。
外国から、さらに遠く、と言って“Sky”。「すみません、チューニングが!」と中断したのが残念☆
ラストの“ハッピーエンド”はしっとりと。
セットリストは本人のツイートからまるっと引用させていただきました☆

1.レディゴー
2.はじまるミステリーツアー
3.マウンデス
4.タイトルなし
5.うねの
6.Norwegian Wood
7.SKY
8.ハッピーエンド


トリは近藤金吾氏。よく通る好い声であった。
大声とかそういう訳じゃないのに、会場中が彼の声で充たされる感じがした。
アタシは同い年くらいの方かとおもったら、少し年上らしい。やはりミュージシャンというのは若いな。
年代が同じせいか、ちょっとケラさんを彷彿とさせる雰囲気。
ミツジくんとふたり、“Two Of Us”を歌ってくれたのはうれしかった。
そういやBARのBGMもビートルズだったね。

最後はまた3人でセッション。“ギンギラギンにさりげなく”と、アンコールでもう一回“スニーカー・ぶる〜す”を。またもや盛り上がった!!
また次回、ありそうなことをにおわせて終演となった。(その時は名札を持って参加するということにw)
たのしかった(^^
次回があったら“情熱☆熱風・せれな〜で”をお願いします、とリクエストしておきました。演ってくれるかなー(この曲もひらがな&にょろだよwwww)


posted by 深月 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

おとぎ話『CUTE BEAT CULTURE CLUB BAND TOUR』

150323おとぎ2.jpg2015.3.23(mon) 19:00〜 @渋谷WWW

アルバム「CULTURE CLUB」のリリースツアー、ファイナルに行って来た!
渋谷に出たついでだし、まずO-Crestに秀吉のチケットを買いに行った。開場時間に間に合わなくなるけど、整理番号が70番台だから数分くらい遅れても余裕だろう・・・と思ったのだが☆チケットを買うのに少々手間取り、10分ほど過ぎてWWW到着。そしたら入場待ちの列なんぞどこにも無かったよ。
さすがに月曜日、仕事帰りに18時入りはきついものねえ。開場と同時に入ろうなんていうガツガツしたファンはいなかったのかな〜(^^;

そういえばこのハコ、初めて来たなあ。
今は上の階がシネマライズだけど、以前はここ(地下)が映画館だったはず。『バグダッド・カフェ』はここで観たのよねえ・・・って、歳がバレるわ。いつの間にかライブハウスになってたとは〜。
地下に下りる階段やホワイエ、ホールの間取りとかはそのままっぽい。ホールは映画館の座席をとっぱらってフロアを3段に設えたんだろうなあ。普通のライブハウスと違ってフロアの段差が高いし、間口の割にタッパがある舞台だからキャパよりも広く感じる。なんかいいな、この空間。
ライブではとにかく楽器を間近で観たくて前へ行きたがるアタシだが、きょうはおとなしく一段上がったところで観ることに。2段目の方が見晴らし良さそうと思ったけど「関係者席」で残念。
以降、箇条書きにて。

続きを読む
posted by 深月 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

ネイキッドハイ祭『桃のSexy!』

150303桃sexy.jpg2015.3.3(火)18:30〜 @高円寺HIGH

役者さんたちのバンドを集めたライブイベント『桃のSexy!』に行って来た。企画は西山宏幸くん。ブルドッキングヘッドロックという劇団の役者さんだ。
アタシのお目当ては、首藤さん率いる東京ハートブレイカーズバンド☆
4バンドも出るから持ち時間は少ないだろうし、他のバンドはひとつも知らないし、最初は行くつもりは無かったのだ。けれど何やら盛り上がっている様子なので、ちらっと行ってみることに。

他のバンドが無理っぽかったら、THBバンドだけ観て帰ってもいいかな〜と思ってたんだけど、結局最後まで居てしまった。なかなか楽しかった。
普通の企画ライブと違って、出演バンドは初対面でも「役者」という連帯感があって、圧倒的にアットホームだった。知らないバンドとか、アウェー感とか、そういうの一切ナシ。
しかもお客さんもみんな役者さんや関係者ばっかり。あっちもこっちも女優さんで、フロアが煌びやか過ぎる! こっちはいづらいじゃないかw いやあ普段行ってるライブとは明らかに客層が違うわー。
ん?・・・もしや出演者の関係者や友人知人ではない純粋な客って、THBバンドのファンだけだったのでは。役者さんのファン(芝居を観に行っているお客さん)で、ライブに来てみたよって人はいたのかな・・・(^^;

続きを読む
posted by 深月 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

好きさ★『すべてはここから始まった』

150208jam.jpg2015.2.8(sun) 19:00〜 @新宿JAM

首藤健祐率いる「好きさ★」のライブに行って来た!
場所は新宿JAM。有名な老舗ライブハウスだけど、アタシは今回初めて。
以前観たエレカシのルーツを辿るテレビ番組で、ミヤジと店長さんが店内で喋ってるという画を真っ先に思い出した。でも実際に中に入ってみたら、映像で見るよりずっと小さい印象。
石川よしひろ(G)がデビュー前(30年前)に出演したんだそう。先輩のバンドのローディーで出入りしていた縁で、オーディション免除で出演できたらしいw 実際その頃、ここでデビュー前のエレカシを観たんだって。いいな〜。

例によって例の如く、憶えてることを箇条書きに。

続きを読む
posted by 深月 at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

FoZZtone「Return to Earth」TOUR FINAL

150228fozz.jpg2015.2.28(sat) 18:00〜 @赤坂BLITZ

この日、お昼頃までは調子が良かったはずなんだ。
寝坊はしたものの、洗濯して皮膚科に行きジムで運動し、短時間で色々済ませて「よっしゃ!」と生きている手応えを感じたものだ。(大袈裟)
しかしその後は・・・ミーティングの時間を30分間違えてドタキャンしてしまい、その上18時からのライブを「念のため」チケットを取り出して時間を確認したところ、「あれ?19時開演だったのか」と勘違いした。
何故こういう勘違いをしたのか、まったく判らない。
18時と思っていたのに、チケットを見て19時と勘違いする。チケットにはもちろん、「17時開場 18時開演」と書いてある。
老眼なの? 脳みそ死んでる? 耄碌?

斯くして19時ギリギリに会場に到着したアタシ(この間にもゴタゴタあり、15分前には到着するはずが、ほぼ19時ピッタリにブリッツの扉を開いたのであった)、もちろんライブはとっくに始まっていたのに「アレ、ライブは普通10分押しなのに、もう始まってる」などと悠長に構えていた。
5、6曲ほど聞いたところで、わっちが「ありがとうございます。FoZZtonefでした」と言った瞬間「あ!もしかして・・・」と気付いた。時、既に遅し。本編ラストの曲であった。
続きを読む
posted by 深月 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

青江好祐☆レコ発ワンマンライブ@吉祥寺Planet K

150221青江.jpg2015.2.21(sat) 19:00〜 前売 2000円/当日 2500円

青江好祐2ndアルバム『Aoe in Blue』レコ初ワンマン!
行ってきましたよーー!
先月6年ぶりにライブに行って痛感したのだ。やはり青江好祐は聴かねばならぬと。
そのライブは待ち時間が短くて物足りなかったのだけど、今回はワンマン! ホント嬉しい。たっぷり聴かせてもらい、笑って踊って歌って楽しんだ!! 

続きを読む
posted by 深月 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

おとぎ話@タワーレコード横浜

150207おとぎ1.jpg2015.2.7(sat) 17:00〜

きょうはおとぎ話のインストアライブに行って来た☆
前回はセカイイチとのアコースティック2マン(その時の記事はコチラ)だったかな?(うろ覚え)
地元横浜でのインストアライブ、嬉しいなー。家を出てから10分ちょいで来られるからめっちゃラク!
横浜はアタシの今住んでる場所でもあるけれど、有馬くんの出身地なのだ。という訳で、MCも地元ネタ多めで。
とゆーわけで、今回も箇条書きで、GO!
※特に記載のないMCは有馬くん

・定刻どおりに登場した四人、みなタワレコのエプロン姿。名札付き♪
続きを読む
posted by 深月 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

【LIVE】青江好祐と男たち @渋谷Milkyway

150129Aoeflyer.jpg2015.1.29(thu) 19:00〜
『サークル・オブ・アホ☆スリリング』
出演:青江好祐と男たち/侘寂/東京ネイルキャッツ/The Rubies

6年ぶりに生の青江くんを観に行った。ユースムースアヴェニューのラストライブ以来だ。(そのときの記事はコチラ
ご無沙汰していた間に、彼はアヤシいオッサンになってしまっていた。見た目が。
あの爽やかな好青年はどこへ行ってしまったのでしょうか(涙)
ちょこちょこネットで見ていたあのアヤシいキャラは、彼の持ちキャラのひとつであればいいと思っていたんだけど・・・どうやらアレが今の彼のスタンダードらしい。ジョン・レノンばりの真ん中分けロンゲ&ヒゲ+眼鏡。長身痩躯でさらにジョン感いや増すというか。

ま、ルックスのハナシは置いといて(^^;
スケジュール的な問題か、若しくは対バン的な問題(?)などでなかなか行けなかったんだけれども、今回は休みの日!しかもウチからは出やすい渋谷!そして近藤くんがギターを弾く!(コレ重要☆)というので行って来たのである。
4バンドが出演するイベントで、「青江好祐と男たち」はトップバッター。
姿は変われども、声が。声は変わらないね。ああ、この声だ!と嬉しくなった。
そして下手側には近藤光史ー! 風車弾ききたーー!(喜)近藤くんは全然変わらない!
知らない曲も、知ってる曲も、たーのしかったーー♪ “ホップ・ステップ・スランプ”、めちゃ懐かしい〜。
青江氏、「近藤くんとは『ぽんぽこハム太郎』ってバンドやってた」とか言ってた。いや『どすこいハム太郎』だったかな? いや、どたばた?・・・(すっかり失念)

来月は2ndアルバムが出るということで、レコ初ワンマンライブの告知もあった。ブログ見て知ってたけど。
当然のようにプラK。ふー、吉祥寺は遠いけど行くかなあ。シュノーケルがあるから、2週続けてプラKだ(^^;
最後の曲は、その2ndにも入らないという新曲“群青劇”。 (←デモ音源。映像はかなりイロモノ入ってますが(^^;)曲はしっとり目のバラードよ)
あー、対バン多いしやっぱ短い〜。30分そこそこなんて、物足りない! やっぱワンマン行くしかない。


という訳で、あっという間に男たちの出番は終了。
転換の隙に、物販で青江くんの1stアルバムを購入。なんと16曲入りで1000円! 安すぎる! ちなみに今度出る2ndは2000円だそう。それくらい取ってくださいよもう、気前良すぎでしょーー(^^;
そして近藤くんに訊いてみたら自分の音源も持って来てるというので、バンドのと弾き語りのCDをこちらも目出度くゲット☆
それらを聴きながらコレを書いているのであります。ふふ♡

もう目的は果たしたのでもう帰っちゃおうかと迷ったが、このイベントに彼らを呼んだ主宰(?)を見ておこうかと残ってみることに。
他はみんな知らないバンドばかり。素敵な音楽と巡り会えればラッキーと思っていたけど・・・アウェイ感ひしひし。しかもフロアがすいてるんで、ステージの真ん前だけ広場みたいに空間が出来るし、みんな煙草すぱすぱ吸うしで居心地は良くなかったけど・・・近藤くんとちょこちょこお話できて嬉しかったので、つい居残り。(思った通り、感じの良い方であった。アラカルトの話とか振ってくれたりして、いい人だなあ・・・)

150129Aoe近藤.jpg2番目は侘寂と書いて「わさび」と読ませるんだそう。ワンレン黒髪の女性ボーカルで、ロックっぽい歌謡曲といったところ。バブルの時代を彷彿させる衣装であった。
3つ目は東京ネイルキャッツ。ボーカルがホストみたい(ケラにちょっと似てる?)なのに音はちょっとパンクっぽいテイストで不思議。コール&レスポンスを求められてフロアはちと困惑〜。
トリがThe Rubies。以前はエメラルズというバンドだったらしい。宝石好き? 楽器をやらず、ただ賑やかしみたいなメンバーがいて驚いた。途中でタンバリンやマラカスをフロアの全員に配って皆でシャンシャンやったり、クラッカーも配って一斉に鳴らしたり、台車にお客さんを載せてフロアを廻ったり、お祭りみたいでみんなで大笑い。お陰で曲の印象が薄くて、ロケンローな感じだったような気がするとだけ・・・。ボーカルの流し目度が凄かったのはよく憶えてるんだけど(^^;

抜け出すタイミングを逸して、結局ぜんぶ見ちゃった。
物足りなさは来月補填させてもらうことにして、今は音源でつなぐことにしませう。
チケ代稼がんとな〜

posted by 深月 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

『オリオンと夜の虹』@渋谷La.mama

150123オリオン〜.jpg2015.1.23(fri) 18:30〜 adv.¥3000-
出演:小山田壮平 / 藤田竜史 / 石崎ひゅーい / 谷口貴洋

ほったらかしにしていた記事を、今さらUP。
ちなみにいま現在は7月9日(^^;
…半年経ってますので、ごく簡単に記しておきます。


整理番号はそこそこ良かったのに当日は仕事でギリギリ、開演時間を3分ほど過ぎて会場に到着。ライブ定石の「10分押し」を期待したが、すでに始まっていた。ありゃー。
小さなライブハウスは人でパンパン、音はすれども姿は見えぬ。何とか隙間から演者を垣間見る状態。楽器を演奏する手元を見たいアタシとしては残念この上なし。

壮平くんしか知らなかったが、この4人はみんな仲がいいのね。楽しそうだった。
ひゅーい氏のみ動画サイトで1、2曲チェックして(良さそう)だと思ったのだが、実際見聞きすると苦手な雰囲気の歌い手さんであった。ううう。
藤田・谷口の両氏は感じの良い若人。悪くない。藤田氏の“トワイライト ロックンローラー”は壮平くんを歌った曲だった。ちょっとジーン。
おふたりとも、ミュージシャンとしてこれからに期待。


壮平くんの歌、堪能。佳い声。
ほんとは弾き語りじゃなくバンドで聴きたいんだよねえ。
アンコールでは4人でセッション。壮平くん、ドラム叩いてたよ。
4人で鍋やらサッカーをする話など、MCでは学生さんがじゃれ合ってるようなほのぼの感。
イベントタイトルの“オリオンと夜の虹”は、YouTubeでみつけた星空の動画のタイトルだそう。ちゃんとご本人に使用許可をとったのだとか。
このイベントはまたやると言ってお開きになったけど、今のところ次回の情報は聞かないねえ。もう少し大きい会場でやってくれると有り難い。もっとゆったり見たいんだけど、それは無理かな〜(^^;



posted by 深月 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

『新春一刻値千金 2015』馬浪マラカス団 

150109馬浪.jpg2015.1.9(fri) 20:00〜 @下北沢CCO 
w/塩倉亮治とロンサムかもち

今年のライブ初めは馬浪さんでしたー。
『新春一刻値千金』は毎年やってるのか? アタシは2013年のに一度行ったけど、振り返ってみて「アレッ? もう2年も経つの?!」と吃驚。去年のつもりだったよ…。(その時の記事はコチラ〜
場所も同じCCO、相方も同じく塩倉氏。2年経っても全然変わってないな〜。アタシだけがグッと老けた様です。浦島太郎。

やっぱり楽しかったよー。
のすけ氏と塩倉氏のオープニングアクトでビートルズの“Two of Us”。これは2013年もやってたね。毎年恒例?のわりにはチトぐだってた感が…(^^;
もう一曲はアレンジが星野源→クリスマス→レッドツェッペリンと変化する“お正月”(笑)。
なんでも、2014年は星野源に「恥ずかしいけど、今さら嵌った」と言うのすけさん。へええ、そうなんだー。何で恥ずかしいのかな。源ちゃんが大ブレイクしたからかしらん。

そして先攻の塩倉氏のステージ。“ロンサムかもち”なるサックスくんを伴ってのアクト。
馬浪マラカス団との出会いの話。初めてここCCOでライブを観て「音楽も服装も、凄くお洒落だとおもった」んだそう。「東京はやっぱ違う」と(笑)
なかなか良かったな。サックスいいなー。。馬浪のカバー、“何て言う”も。

2ドリンク制だったんだけど、それもすぐ飲み干し(ワイングラスちっちゃいんだもん)、追加でヒューガルデンを。後攻の馬浪が始まる頃には、ほろ酔いでいい気分になってしまった。

「下北音頭はやらない」との宣言あり。いや構いませんとも。どの曲も良いですから。
あいかわらずいい声。痺れる。しかし端正な声質と喋る内容の落差よ(笑)
未完成の新曲を、歌詞を作りながら歌った曲があったけどアレ大丈夫なんでしょうかね。
塩倉氏は狛江でサイゴンというベトナム料理屋の店長だとか(わー、アタシ狛江に住んでたのに!…って四半世紀前のハナシだった)、のすけ氏のゴジッカの醤油屋さんがどうとか、ずいぶん生々しい暴露話なんかも(^^;

MCで笑って、曲を聴いてさらに笑顔になり、手拍子してコールアンドレスポンスして、一緒に歌って。うん、楽しかったー! 今年もいっぱいライブ行きたい!(昨年の10周年企画は他のライブと被って行けなかったのが、本当に悔しかったのだ)
馬浪の音楽は年代問わずで聞けるし、着席スタイルならライブも今後末永く楽しめそう。
だから誰か、一緒に行こうよ〜!!


posted by 深月 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

ネモトラボルタ 合法ワンマン@下北沢 CLUB QUE

1412ネモトラ.jpg2014.12.7(sun) 18:00〜

『秋のハル.まつり』ぶりのネモトラボルタ! しかもワンマン!
ワンマンは2年ぶりだそうですよ〜。アタシは5年ぶりだけど(^^;
やーやーやー、行ってきましたよ。やっぱ楽しかった〜〜☆

入場してまずびっくり。アレこんなにお客さんいっぱいなんだ〜。女子多いわあ、しかも結構年嵩の…(←お前が言うか)。そしてみんな踊る踊る!盛り上がった〜。
でもって終わってみてまたびっくり。2時間半近く演ったよ、前は本編1時間なかったのに! しかも曲がないからって、アンコールでは本編で演った曲をもう一回演奏したのよね…(笑)
当然だけど5年前とはずいぶん様子が違ったよ。ネモさんは鴻上さん化してるしww

そんな鴻上さん…もとい、ネモ氏宣わく「ノーリリース! ノーニュース!」。場内爆笑☆ リリースのないワンマンて、そんなに珍しいものかしら。
そしてまた予習せずじまいで、知らない曲もいっぱい…はやく音源チェックしなきゃ。
という訳でセットリストは無しよん。(ネット上で探したけどみつからず)

しかし音デカ! QUEでこんなに音が大きいのは初めてだよ。
次回からは耳栓持参で参戦しよう。医者に大きい音を禁じられているのだ。でもライブに行くのはやめられないからね(^^;

とにかく終始ニッコニコの2時間半であった。
ハルくんのパンツ(ズボンね)の股が裂けたりというハプニングもあったけど(笑)、何もかも楽しかった。
やっぱネモトラかっこいーわあ。ネモさんがエロくとも。ケイ氏がキモくても、やっぱカッコイイ!
ワンマンもっとやって欲しいなー。せめて2マン。
ノーリリース、ノーニュースでもいいからお願い!!ww

posted by 深月 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

moke(s)@下北沢SHELTER

1411mokes.jpg2014.11.20(thu) 19:30〜
moke(s) 1st live [FORGIVE YOUR DARKNESS]

この日はmoke(s)としてクレジットされた初のライブ!
moke(s):モークスというバンド名は前回の吉祥寺曼荼羅でお披露目があったけれど、その時のクレジットは町田直隆ソロとしての出演だったのだ。
曼荼羅でのアクトがそりゃあもうカッコ良かったので、期待して出掛けたものである。むふ。

昼過ぎからパラついて来た雨が、段々としっかり降りに変わっていった。
バイク乗りのまっちー、ライブ前に「はじまりはいつも雨だよトホホ」と呟いていたけど大丈夫だったのかな。
こっちはお気楽で申し訳ない。とりあえず邪魔になる傘は折りたたみにして、荷物もコンパクトにまとめて出陣だ。
しばらくぶりのシェルターに突入、まずは立ち位置を押さえる。やっぱ真ん中かな〜。
続きを読む
posted by 深月 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

セカイイチ@渋谷タワレコ インストア

141115instore.jpg2014.11.15(sat) 19:00〜

先月の末にあったロストの2days以降、なぜかぱたりと予定が途絶えてしまい…都心に出るのはまる3週間ぶりのこの日。いつのまにか世間は冬になってたのね〜。ほとんど家にこもってたから気付かなかったわ(^^;
渋谷の雑踏に揉まれていたら、突然に慧くんが姿が目に飛び込んで来てドッキリ☆
店頭の巨大スクリーンで“Empty”のPVを流していたのだ。おお、すごーい!プッシュされてるー!
そして店内に入ると、スタートまで30分以上あるというのに、すでに人だかりが…。そっか、とっくにリハが始まってるんだ。そして、ハルくんもいたーー♪♪

気付けばなんと、バンドセットではないですか!
ふつーにお店の売り場でやるインストアライブって、アコースティックでやるものだとおもってたわー。バンド好きには嬉しい限り。アコースティックセットだったらハルくんいないかな、とおもってたからね。ハルくん好きとしては余計に嬉しい。
途中からだけど、リハも聞けてよかった。「魂の全くこもってない演奏に拍手をありがとう!」ってww
ビートルズの“Blackbird”も演ってた。即興かとおもって「よく合わせられるなあ」などと感心していたら、以前ライブで演奏したことがあるんだそう。なんだー。
「10分後にまた!」と言って、一旦捌ける面々。もうこのまんまやっちゃえばいいのにな。

続きを読む
posted by 深月 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

andymoriラストライブ@日本武道館

141015andymori.jpg2014.10.15(wed) 18:30〜

小雨もよいの夕間暮れ、仕事を終えて武道館に駆けつけた。
グッズを買う人の列がとんでもなく長く伸びていて、早々に購入を諦める。予想はしていたけどすごいなあ。開演までに買えないんじゃないだろか。
武道館入り口に掲げられた看板や、寄せ書きしてある大きなバナーの写真を撮ってから入場した。私たちの席は西側、2階後方。ステージが遠いなあ…。
友だちとお喋りしてたら、18時30分きっかりに一気に客電が落ちて真っ暗に! ライブは10分おしってのが定石と思って油断してたわー。吃驚した。スペシャアプリで生配信するからだろか。

いつものSE、”End Of The World”がかかり、メンバー登場。
やっぱちっちぇーーな!(^^;
続きを読む
posted by 深月 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

『秋のハル.まつり』CLUB Que 20th 企画

1410ハルまつり.jpg2014.10.12(sun) 17:30〜 @下北沢CLUB CUE
ネモトラボルタ/セカイイチとFoZZtone/真心ブラザーズ

愛しのハルくんは数多のバンドからひっぱりだこの、ウルトラミラクルスーパーベーシスト♪
今回のイベントは、ハルくんの参加しているバンドが集結!
つまりハルくんが全てのバンドでベースを弾くという…!
ああ何と美味しい企画だろう…。ハルくんファンにはたまらない。もちろん一も二もなく参加を決めたアタシである。

しかし当日。出かける準備をしようとチケットを取り出し、開演時間を勘違いしていたことに気がついた。
気付いた瞬間にチケットを財布に突っ込み、速攻で着替え、5分かからず家を飛び出した!
ダッシュしたお陰で開演時間5分前に下北沢駅に到着。ギリギリ間に合った〜〜。
そして店内は…予想通りお客さんがパンパンで、フロアから溢れてる。先に到着してるはずの友だちがいるはずなのに、当然どこにいるかなど判るはずも無く。結局さいごまでぼっち参戦でござんした。

さてさて。
ダッシュして上がった息が、まだ整わないうちに開演!
ハルくんがまず登場し、みなさんへご挨拶。お客さんにご来場への感謝を表し、そして「おれがどんなに素敵な人たちに囲まれてるか、自慢する会です」と。この時点でもうかなり盛り上がっていて、ハルくんの愛され感がハンパなく伝わってくる。
「この大所帯で判るように、最初はセカイイチとFoZZtone!」

続きを読む
posted by 深月 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

andymori ラストライブまで、あと5日

ライブレポも書いていけど、8月のSWEET LOVE SHOWERにはアンディ目当てで行って来た。
フェスも久しぶり、それも野外の夏フェスはもう何年ぶりだろう。暑いししんどいし、一緒に行く人もいないのでずいぶんとご無沙汰だったけれど、これがアンディを生で見る最後のチャンスだからと頑張ったのだ。
そしてそのライブで、壮平くんの「もう一回やろっか」という衝撃のひと言が!!
いやー、色めき立ったね。
半信半疑でいたけれど、正式にラストライブ(正真正銘のラスト!)の告知があり、驚喜し、チケット争奪で奔走し・・・何とか武道館への入場が叶うことになったのである(感涙)!

武道館の先行抽選予約にはアタシが5口(自分の分と友人や家人に頼んだ)申し込んで全敗し、同行の友人が6口申し込んだうちの、やっと一口が当たった。ニュースによると応募が6万口あったらしいから、倍率6倍! アタシももう一口申し込んでたら当たってたかもしれないな〜(^^;

ライブに行けるのは本当に嬉しいけど、それが最後だと思うとものすごく切ない。
アタシがアンディを知ってから、まだたったの5年だ。短すぎる。
初めてライブに行ったのはFACTORYだったかな。衝撃的に楽しかった!
初代ドラマーの後藤くんは来るのだろうか。後藤くんのドラム、好きだったなあ。
おとぎ話との2マンで、FEVERみたいなコンパクトなハコで──つまり超至近距離で観ることが出来たのは、今考えるとものすごく幸運だった。有馬くんに感謝。
ひたちなか、野音、吉祥寺、新木場コースト、ZEPP…ライブに行った回数は多くないけど、どれも楽しんだよ。
なんだか色々と思い出してしまうね。
切ないけど、やっぱり楽しむしかない。心の底から楽しんでやるぜ、武道館!




↑発売されたばかりのライブDVD。
きのう発売を知って慌ててポチっとしたけど、武道館には間に合わなそう(^^;



B00N9BZ3N6ひこうき雲と夏の音 [DVD]
Youth Records 2014-10-08

by G-Tools

↑こっちはAmazon。
きのうは一ヶ月待ちになってたから楽天にしたのに、今見たら在庫有りですぐ発送可になってる!
しまった…こっちにすれば良かった(悔)


posted by 深月 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

AIEN KIEN @赤坂BLITZ

1409aienKien.jpg出演:夜ハ短シ/町田直隆/佐々木健太郎 with EG/plane/竹原ピストル/石田ショーキチ
O.A Nakamura Emi
2014.9.25(thu) 18:30〜

まっちーとplaneが出るし、他の出演者も興味あるので行くことに。
10日ほど前にチケットを買ったら、整理番号がCの41番?!これじゃあステージもあんまり見えないかもと覚悟して、開演直前に会場到着。中に入ってみたらなんと、座席が並べてあるではないか。
チケットをよく見たら、「全自由」とあった。ロック系のライブ(しかもライブハウス)で、オールスタンディングならぬオール着席ってのはなかなか珍しい。
そのうえガラガラ。どこでも好きな席に座り放題だ。
ステージに近すぎない、ど真ん中のナイスな席についた。
続きを読む
posted by 深月 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする