2010年01月29日

備忘録・アタシのために其の弐『海街diary 3』

2月10日発売。
いま、アタシが最も続巻を待ち望んでいる作品のひとつ。忘れないように、メモメモ☆
鎌倉を舞台にした、異母姉妹4人の切なくてやさしい物語。
家族の温かさと、血が繋がっているからこその苛立ちとやるせなさ。
大人の読むまんがだなあ。

吉田秋生は大好きな作家さんだけど、今までで一番好きな作品かもしれない。
あれだけたくさんの作品を描いていて、過去にあれだけ売れまくっているのに、今が最高だなんてすごいとおもう。
暖かくなったら、舞台である鎌倉を散策に出かけたいな〜。

半月後に発売と聞いて、今からたのしみでしょうがない。
いつもならセブンネットで買うんだけど、Amazonが今配送無料キャンペーン中だからどっちで買ってもOKか。

海街3.jpg
海街diary 3 吉田秋生
posted by 深月 at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

『のびろ!レーゴム』トークショウ

KIDAboad.JPGきださんのトークショウに行って来た。
きだつよし氏といえば、今は無きTEAM発砲・B-ZINの主宰にして作演出、そして俳優として名を馳せたお方。
劇団解散後は特撮ものやジャニーズさんの舞台の脚本を書いたり演出したり、もちろん俳優としても色々な舞台に出演し、まさに八面六臂のご活躍。そしてこのたび念願だったという絵本の出版を成し遂げたという訳で。

そらもうきだファンとしては双手を挙げて喜んだわけだけども、このアタクシもしょぼいながらイラストの仕事をした覚えのある身。絵に関しては簡単に「すてきーY」とは言えないのだ。
とにかく絵本は中身を見ないウチに買うかどうかは判断できん!
とおもっていたというのに・・・
トークショウ&サイン会の話を聞き、この機会を逃すとサイン本を手に入れるのは難しいかも・・・しかも本人に会って直接サインを書いて貰えるなら・・・というミーハー根性で、ほいほいと出かけて行き、中身も見ずにお買い上げ!ん〜、あさましきかな(-_-;

リブロ東池袋店のカフェスペースを使った会場には「年末だから入りが薄い」というわりにけっこう入っていた様子。
まず最初にきださんと出版社の池ちゃんさん(きださんのブログ参照)が登場、1時間弱のお喋り。
レーゴム誕生秘話(?)や出版のきっかけ、ブログにあったセイラさんクッションの話まで、なかなか濃い話をいろいろとしてくださって面白かった〜。
中でも最近お母さまが持ってきてくれたという、小学生時代のマンガ作品(しかもジャポニカ学習帳っぽいノート)は超レア(笑)!!
きださん曰く「作風がこの頃と変わってない」。ぷぷぷ・・・・。
(一番前にいたちっちゃい女の子が、「お母さん、これ買って」と超レアノートをねだってたのがすっごく可愛かった〜)

ジュースを頂いて休憩になり、ほんのわずかな質疑応答を経て(だって誰も質問しないんだもん!つい質問しちゃったじゃないかあ〜〜〜)最後にサイン会。
適当に列に並んで本にサインしてもらうのだが、一冊一冊にイラスト入りのサインをしてくださり、お話したりなんかして最後に握手。
まっすぐ目を見て手を差し出された日にゃもうメロメロっすよ・・・・・・・・・。
しかも『シングルベッド』のときにむりくりな声のかけ方したんで、やっぱりというか覚えていてくださって「あー!道理でどっかで見た顔だと・・・」と言われちゃったい。恥ずかしかったけどなんかちょっと嬉しかった・・・。でへでへでへ。

きださんは集客を気にしていたが、なんと用意してあった50冊が完売したそうな。
それにすべてサインし終わるまで数十分、皆じっときださんの様子を見守り、最後の方が終了してお開きとなったのであった。
書店さんの言によると“トークショウでこんなに盛り上がったのは初めて”だったらしい。
ファンである私たちも嬉しい限り♪


re-gom.JPG会場について中身も見ずに買った絵本、『のびろ!レーゴム』。
実際、おもったとおり絵についてはちょっと微妙・・・。
でもね、内容はかわいらしい、ほんとうにきださん「らしい」ほのぼのなロボットもの。
手放しで褒めることはできないけど、技術的なことは後からどうにでもなるなるもんなので、今後の精進を期待しましょう(何様だ)

きださん本人もおっしゃっていたけど、この絵本で描いたお話も、芝居でずっと書き続けたことも、けっきょくは皆おなじことなのだと。
ヒーローものを描いてはいても、勧善懲悪の話はひとつもない。
闘うと言っても、ただ腕力や暴力で勝ち負けを決めるのではない、そういう話を描いているのだと。
たしかに。すごくよく判ります、きださん。
『センゴクプー』の風助みたいだね。


トークショウは、お身内の方も多かったようでちょっと肩身の狭いおもいもしたけれど、きださんがフレンドリーに接してくれたお陰で、居心地は悪くなかったです。
来年の予定もかなり目白押しなようで、活躍ぶりが嬉しいけれども、ちょっと淋しいような気もする我が侭なファン。
や、とりあえず舞台はチェックしますよっ!
何たって役者「きだつよし」のファンですからね。
とりあえずは来年3月、紀伊國屋サザンシアターの『御用牙』!!

KIDAsign.JPG

うれし恥ずかし名前入り・・・
posted by 深月 at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

上野で餓える

「漫画のアレ、行く?」
と言われて差し出されたのは、『井上雄彦 最後のマンガ展』のチケット。
会社の取引先からいただいたのだが、誰も行く人がいなくてアタシのところにまわってきたのだ。
うっそ、嬉しい! とおもいきや、会期は7月6日まで。アタシが貰ったのは2日・・・。日がないから行く人いなかったのね。でもアタシは行くわよ!
最終日前日の土曜日、美容院と歯医者の予約をキャンセルして行ってきましたとも。ジャンプ好きのエレ友を誘って、ふたりで突撃!!

Image034.jpg盛況だとか、激混みだとか、聞いてはいたけどやはりすごかった。
9時半に上野の森美術館に到着、そのとき出来ていた行列は既に数百人ほどだったとおもう。だけどもの凄いのは当日券を買う列だったらしく、チケットを持っているアタシらは比較的短い列で済んだのだ。ラッキー。

Image033.jpg10時を20分ほどまわった頃に入場、ジックリ見て外に出たら11時23分。
展示のボリューム自体は小規模だったけど、見応えは充分。だって、『スラムダンク』も『リアル』も無しで、『ヴァガボンド』のみで美術館ひとつ埋めちゃうんだもん。すごいよなあ。はーー、良かった。

『ヴァガボンド』最終回の後日譚といったストーリー漫画の展示だったんだけど、ただ普通に生原稿を並べてあるわけでなく。
普通の原稿用紙に描いたページもあるけど、くしゃくしゃの和紙に描いたものだったり、カラーだったり、2,3mもある特大パネルだったり、壁に直接描かれた1コマだったり、オブジェを用いたり。
最後のシーンは浜辺だったのだが、展示室の絵の前に砂を敷き詰めて砂浜まで再現していた。砂をひとつまみ掌に載せてよく見てみれば、珊瑚や貝殻の細かい欠片でできた砂で、本当にどこかの砂浜の砂であることがわかる。・・・すごい。

展示の企画やアイディアもおもしろいが、やはり何と言っても画の素晴らしさ。うまいのはうまいが、とにかく魅力的なのだ。線といい、構図といい、表情といい。
 墨と筆で描いた迫力の絵に圧倒され、ラフでありながら巧緻に見える絵の不思議に感心し。そしてやはりペンで細密に描き込まれた背景に、アタシのココロは疼くのだった。稚拙ながらも一時まんがを描き暮らしていた身には、あのカケアミの美しさが堪らないのだ。
 ペン先が紙を掻くシャリシャリという音、墨汁の匂い、ホワイトの粘度、トーンの削り屑・・・。アタシは描くのが、すごく、好きだった。


じゅうぶんに満喫して外に出たときに、まだ午前中だったということが何だか可笑しかった。普段の休日だったら、やっと起き出してブランチを済ませたところだろう。
時間は充分にあるし、子ども図書館でやってるチェコの児童書の企画展を見ようと歩き出したそのとき、国立科学博物館の鯨が目に入ってしまった。
エレ友ちゃんとアタシの目がキラーン☆と輝き、「入ってみる?行っちゃおか!」と意気投合で「かはく」へ突入!

かくして、アンモナイトやパレオパラドキシアや方解石やウルトラブンブクにふたりで超〜〜〜盛り上がり、気付けば16時!お昼も食べていないのに!
しかしその時点でアタシたちは、博物館の展示の半分しか見終わっていなかったのだ。ここまできたら、閉館の17時まで空きっ腹のまま見られるだけ見ることに。うわー、腹減った〜とかぼやきつつ。5時間半、ノンストップ博物館(笑)


閉館まで粘って見まくったのに、見切れなかった展示物に後ろ髪を引かれながら撤収・・・。また来ようねと誓い合い、上野の居酒屋で気炎を上げるオンナふたり。気付けばワインのカラフェふたつと、日本酒4合が空になっていた。翌日はバイトだから軽めにしようとおもっていたことは、内証にしておこう。

宿酔いにはならなかったけど、きょうバイトに行ってみたら、就業場所がなんと屋外。
蒸し暑い一日、汗だくになって仕事をした。額に汗するとはこういうことか。過酷な環境で仕事をすることが、すでに快感になってきたかもしれない。似非達成感・似非充実感。
つーわけで、帰宅後シャワー浴びて呑んだビールのおいしかったこと。
ぷはー!

posted by 深月 at 00:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

待ちに待った新刊

発売を指折り数えて幾星霜、パームシリーズ31巻・『蜘蛛の紋様(2)』。
なのになのに、発売日のきょう、届かないなんて、ショック〜!
セブンアンドワイのサイトでさっき確認したら、お届け予定日は27日って・・・!?
早い人は3日前に書店で購入してるというのに・・・。
とは言っても、もう待つのには慣れっこなので(このパームシリーズ然り、西村しのぶのコミックス然り)おとなしく届くのを待ちますよ。
雑誌は買っていないコミックス派なので、読むのが楽しみ〜〜!!

パーム31 蜘蛛の紋様(2)icon

icon
icon
↑セブンイレブンで受取、手数料・送料不要!

↓Amazonはコチラ。

posted by 深月 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

アイスエイジ

 もともとまんが好きのアタシ。コミックスの新刊を心待ちにして、発売日に本屋へと出かけたものだった。高校生の頃までは。
 多くの人がそうだとおもうけど、社会人になったころから新刊の発売日を気にしなくなり、気付いたらとっくに発売になっていた、という具合。しかも既刊を新刊と勘違いして、同じものを買っちゃうというミスは割とよく聞く話だ。

 “アイスエイジ”。一巻を買ったあと続巻を楽しみにしていたのを思い出し、ここ数日探していた。出かけるたびにその町の本屋へ行き、きょうは隣町の駅ビルで2巻を発見。そして奥付を見たら・・・
「2004年8月24日 第一刷」
 なぬーーー! しかも調べてみたら、今の時点で4巻まで出ているらしい・・・。1年近くも気付かなかったとは、不覚をとおりこして不思議だ。

 ま、とにかく第二巻もたいそう面白く、大満足。内容をちろっと紹介すると

《進学校に臨時採用でやってきた英語教師・不破エイジは、もとフリーのジャーナリストで、戦地を巡ってきたという経歴の持ち主。さまざまな問題を抱えるいまどきの高校生と、はたまた同僚の教師と、本気でぶつかりあい、ひと悶着またひと波乱…》

 う〜、こう書くと何だかベタだなぁ・・・。でも面白いのよ!とにかくキャラクターが魅力的で。エイジはもちろん、エイジのいとこで車椅子の長髪ナイスガイ・比呂志、それにクールなメガネハンサム・ミッチーこと光倉センセY
 女性陣もかわゆくカッコ良く、そして華奢じゃないとろがいいのだ♪ 作者のもんでんあきこさんの絵が好きなのよねえ。

 で、サカイストのアタシとしてはもうひとつ・・・。作者のもんでんさんも「新選組!」(しかも特に山南さん!)に大ハマリだったようで、なんと堺@山南の似顔絵が!
 ふっふっふ・・・マッチョ好きのもんでんさんをも虜にするまーくんの魅力!おそるべし。

 あー、はやいとこ3,4巻も買おっ!もう探し回るよりAmazonで注文するかな〜(^_^;)

↓興味のある方は是非、ご一読を。
アイスエイジ 2 (2)
4088652266もんでん あきこ

集英社 2004-08-19
売り上げランキング : 30,920

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
アイスエイジ 3 (3)
P.D.エージェンシーの報告書 1 (1)
P.D.エージェンシーの報告書 3 (3)
P.D.エージェンシーの報告書 2 (2)
ラブスパルタン 1 (1)
posted by 深月 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

いっしょに遭難したいひと 2巻

 でた!やっと出たよーーー!
 もう、何年待ったことか。西村ファンは辛抱強くないと生きていけない(笑)

 このシリーズは西村作品のなかでも特に好きなもの。のほほんとしたマキオ&キリエのカップルは見ていてほんと和むし、キリエの従姉妹で男前な絵衣子ちゃんもステキ♪
 まんがに抵抗ないかたは、ぜひご一読を〜〜。

詳しくはこちら↓
いっしょに遭難したいひと (2)
西村 しのぶ
4063375625


「ビシッと散財!」の文字が笑えるというか・・・
そりゃアタシのことかい




posted by 深月 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

いっしょに遭難したい人


いっしょに遭難したい人 1
西村 しのぶ

関連商品
いっしょに遭難したい人 2
SLIP
RUSH 1 (1)
RUSH 3 (3)
美紅・舞子
by G-Tools


 西村しのぶの本は、ほんっとーに出るのが遅い!
 この“いっしょに遭難したい人”の1巻が出たのが1997年12月、その中の第一話の初出は1990年11月。第一話が雑誌に掲載されてから15年経っているのだ!!
 それが今月、ようやく2巻が出るという。・・・長かったわーーー。

 バブル経済崩壊とはいえ、まだまだバブリーな余韻に世の中が浸っていた頃に描かれた第一話。主人公キリエと従姉妹の絵衣子は「街の片隅で生きる女プー」。またか「極楽トンボの無職」「諏訪山難民シスターズ」とお気楽な形容が乱舞してるけど、いまならさしずめ「ニート」かなぁ。
 あの時代が暢気だったのか、今が暗鬱と言うべきか。

 絵衣子ちゃんちに居候で女プーのキリエ&堅実公務員でほよよん彼氏・マキオちゃんの(作者曰く)“大河ラブストーリー”。
 貧乏だけど自由で元気!女のコ同士の楽しい同居生活と、ぽわぽわ楽しいの恋のお話。読めばほんわかしちゃう、オススメの作品。2巻の発売が待ち遠しい!
 ↓Amazonでは予約が出来るようです。
いっしょに遭難したい人 2
posted by 深月 at 19:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

堺雅人の読んでいる本

 そういえば、グランマガザンで酒見賢一を読んでると発言していたまーくん。
 ノンフィクション好きで小説はあまり読まない様なことを言ってたけど、全然読まないってワケじゃないんだね。

 酒見賢一といえば、アタシは日本ファンタジーノベル大賞を受賞した“後宮小説”しか読んだこと無かったけど、今は時代物をたくさん書いてるらしい。まーくんが読んでるというのは“陋巷に在り”。
 調べてみたら結構な長編・・・いつか読んでみよっと。“後宮小説”もかなり面白かったし、期待大!

 ああ、邪な読書傾向(笑)


icon
icon
陋巷に在り 1
icon


icon
icon
後宮小説
icon

posted by 深月 at 02:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

ひきこもりの週末

 金曜の夕方、GQ JAPAN 04月号が見つからず。雪は止んでたけど、風の冷たさ余りの寒さに耐えかねて、本屋巡りは中止して失意のまま帰宅。
 非常な眠気を覚えてそのままバッタリ、16時間くらい寝てしまった。

 何の予定もない週末、布団にくるまり鬼平犯科帳と、宇江佐真理を読んで過ごした。

 時代小説好きじゃなくとも鬼平犯科帳は面白いよねえ。池波さんの文章は読みやすくてサクサクいけちゃう。
 昔のアタシの同僚で本を一切読まない男の子が、鬼平の一巻を先輩から借りていっぺんで嵌り、翌週には全巻揃えちゃったという実績が。うんうん、わかるわぁ。

 宇江佐真理は友人のお薦め。「みずきはきっと好きだと思う」と言われ、その通りバッチリ!

 読むのがあまり早くないから、いつか読もうと思ってる本が山積みだ〜。あ・・・買った&録画して、まだ観てないDVDもひとつ、ふたつ、みっつ・・・・。10タイトル越える前に観なくちゃ。

 この週末で読んだのは
鬼平犯科帳 12
icon
宇江佐真理 雷桜
icon
posted by 深月 at 02:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

パームシリーズ新刊

 やっと出た! という感じのパームシリーズ27巻、“午前の光 I ”。著者:(伸たまき 改め)獣木野生。
 彼女がペンネームを変えたときにはかなりビックリした(変えた事実より、新しいペンネームのインパクトに)。この新しい名前はもうちょっとどうにかならなかったのだろうか、とちょっと思う。改名したことでものすごく大変だったり、どっちかっていうとリスクばかりが大きかったんではないかと思うけど、それでも変えなくちゃならなかったんだろうな・・・。(改名についてはオフィシャルサイトできちんと説明されています)
 まぁ作者名なんて、言う程気にしてないんだけど、書店で説明しづらいんだよね(^_^;)

 数年振りのシリーズ再開。でも雑誌は買ってないので1月末のコミックス発売まで待って、ようやく一昨日ゲット。久々にパームワールドを堪能できる幸せをかみしめた。
 まんがと侮るなかれ。小説よりも濃厚で、緻密に構築されたパームの世界に触れたら、きっとアナタも虜にされてしまうだろう。未読のかたは、是非ご一読をお薦めいたします。

 この作品は壮大な大河ドラマで・・って言うより、壮大すぎて今はちょっと心配。連載開始から20年以上経ってやっと2/3くらいのところにきたらしい。作者は生涯スケジュールを発表しているが、果たして大丈夫なのだろうか?どうかこのシリーズだけは生きているウチに終わらせて欲しいと切望する。けもぴん、お願いしますよ!
 
午前の光 1 (1)WINGS COMICS パーム 27

何故かAmazonには表紙のイメージがアップされていなかった・・・。
ので、↓こっちは画像アリの楽天ショップ。
パーム(27)午前の光1
posted by 深月 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

風光る 17巻

 堺雅人のファンサイトで“風光る”の新刊が出たことを知る(^_^;)
 いろいろゴタゴタがあったようだが、当事者でもないので気にしない。作者と作品は別だしね。ゴタゴタのせいで作品がつまらなくなったらやだなぁ、と思うくらいのもの。三谷さんは相当へこんだらしいが・・・。

 なんか、心配して損したわ(笑)。まるっきり相変わらずなカンジで、お話しも相変わらず。文句がおありの方もいらっしゃるだろうけど、アタシとしては問題無しです。少女まんがなんだから、少女まんがとして面白ければ大オッケー。
 近藤勇が、どこまでも“いい人”すぎて「んなワケなかろう」とも思うけど、それはそれで渡辺さんなりのキャラ設定だから。

 でもね、三谷さんの「新選組!」でも同じコト思ったのさ。「近藤勇、いい人すぎ!そんなワケない!」って。でももちろんあの勇はあれで、三谷さんのキャラとしてオッケーだからね。もうさぁ、カッコ良すぎて有り得ない!なんて言いっこなしで(笑)。
 幕末好きなアタシは、新選組といえばもともと土方ファン(ああ、ミーハーですともさ)。山本耕史ファンでもあったんで「組!」も最初は土方目当てで見始めたんだよねえ。それが今ではすっかり堺雅人にころんじゃったりして。てへ。
 んでもって何の期待もしてなかった慎吾ちゃんの“近藤勇”が、あそこまで“近藤勇”になるとは思いもよらず。あれは本当に三谷&香取のコラボで作った、とんでもなくカッコイイ“近藤勇”だったね。

 けっきょく「組!」話になっちゃったけど、まぁ“風光る”も面白いよ!ってことで(笑)

↓おなじみAmazon
風光る/渡辺多恵子

↓こちらは一冊からでも送料無料!セブンアンドワイ

icon
icon
風光る 17巻
icon
posted by 深月 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・まんが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする