2017年05月05日

『燕子花図と夏秋渓流図』@根津美術館

170505根津美.jpg例年ゴールデンウィークには小旅行に行っていたのだが、今年は誕生祝いとして4月中旬に岩手に行ってしまったので、結局アタシにとっては平常運転の日々になってしまった。まあどこも混んでるからいいんだけどね。家人だけが遊びに行ったり部屋でダラダラしているウィークであった。
1日ぐらい一緒に出かけるか、ということでカキツバタを見に根津美術館へ☆

自分で意外だったが、ここは初めての訪問。美術展はけっこうアチコチ行ってたんだけどな〜。とにかくカキツバタで有名な美術館なので、たぶん一年で一番賑わう時期なのだと思う。
急に思い立って行ったのでチケットもなく、当日券で入ったけどまず先にお庭を拝見。ほぼ真っ盛りのカキツバタ、規模はこぢんまりだけど見ごたえは有り。ギラギラ陽射しのあっつい日で、紫の色が輝くような鮮やかさ。
人も多く、写真を撮るのに良いポイントは順番待ち状態(^^;
フジもまだ見頃で美しかったし、なんといっても新緑のモミジが清々しくてよかった。

170505根津美2.jpg汗をかきかき庭をぐるりと巡った後に館内へ戻ると、エアコンの涼しさに生き返るような気持ちに。うーん、夏みたい。
そしてタイトルの『燕子花図』を拝見。
生のカキツバタと比べると、ずいぶんと花の色が青いなあというのが第一印象。葉や茎の緑も実物より少し青みが勝っているかな。きれいな緑青色(ろくしょういろ)。フラットな色や全体のレイアウトも含め、デザイン画のようで洒落ていて美しい。
絵の具が随分と剥落していてもったいない。これ、出来上がった瞬間の色はどんなだったんだろうなあ。金箔も光沢があっだろうし、もっとギラギラと派手だったかも?

となりには『夏秋渓流図』。
前述の燕子花図もだけど、これも印刷物やテレビなどで見る機会の多かった絵。今回、なぜかとても気になってしまった。知名度としては光琳のほうが高いのだろうけど、私としては其一に軍配。なぜかは不明だけど。水の流れの躍動感とか? 写実的に描かれている部分と、笹とかの妙に単純化された部分が共存している不思議さとか? はて。
こうなってみると、去年サントリー美術館であった鈴木其一展を見なかったのが悔やまれるわー。

ほかに琳派の作品がいくつか、陶器、仏像、塗り物、青銅器、宝飾時計など小ぶりな美術館だけどなかなかに見応えがあって、おおいに堪能。
チケットの絵柄になっている双羊尊も展示してあって、これだー!と大喜び。かわいいー。
素敵な美術館だったので、いい展示があったらまた来ようと思うのであった。


posted by 深月 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

宇宙と芸術展 @森美術館

161021宇宙と芸術.jpg2016.10.21(金)
一般 ¥1,200

プレイガイドからのDMや駅貼りの広告で知ってはいたけど、特に行くつもりはなかった。のに。BSの某番組で紹介されたのを見た家人が「行きたい」と言い出し、ちょうど平日の休みがあるというのでふたりで行ってきた。

まず最初に曼荼羅がバーンとお出迎え。
そっか、曼荼羅は宇宙だって言うもんね〜〜。仏教はSF! 百億の昼と千億の夜! おまけに竹取物語もSF!
想像上の宇宙の図とか、コペルニクスやガリレオの本とか、ダヴィンチのメモ書きとか、古いもの、貴重なものがザクザク。想像の異星人のイラストが載ったペーパーバック?なんかもあって、こういうのはなんだか微笑ましくもある。。。

江戸時代のUFOだという「うつろ舟」についての資料もあった。
宇江佐真理の時代小説にも出てきて、最初読んだ時には「江戸時代にUFOなんてトンデモだなあ」と思ったけど、うつろ舟はわりと有名な話だと後になって聞いた。ははあ、こういうのだったのねえ。
そのUFOというのが丼みたいな形だと思ったら、「うつろ舟どんぶり」というグッズになっていた(笑)

161021宇宙と芸術2.jpg他には宇宙っぽいオブジェや写真、赤と青のメガネをかけて見る3D写真(懐かしい!)に、ちょうナイスバデーなセクシーロボ!
隕鉄で作ったという日本刀の「流星刀」。
アポロ計画の時の有名な写真たち。
宇宙ステーションやテラフォーミングなど、未来の計画など。

いろいろあって盛りだくさんだったけど、やはり一番印象に残ってるのが、最後の最後にあったチームラボのインスタレーション。《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく - Light in Space》タイトル長っ。
これは説明してもな・・・ぜひ体感してくれとしか言いようがないなあ。
カラスというのは八咫烏(やたがらす)だというところですでにワクワクするでしょ?
黒い部屋で壁や床に映し出される映像を見るだけなんだけど、浮遊感でふわふわクラクラしちゃうのだ。カラスに導かれて宇宙空間を翔んでいるような錯覚。気持ち良かったー!
4分ちょっとの作品なんだけど、四、五回立て続けに見てしまった。でもって、一旦出てからまた戻ってもう二回見たww

家人につきあって出かけたつもりが、結局自分が楽しんでるというww
帰りには中目黒で晩ごはん兼呑み。おいしいワインとシーフードをいただいて満足♡ いいなあ、中目黒。おいしさふな店がいっぱいあるね! また来よう♪


この展示は来年の1/9まで。詳しくは公式サイトで。


宇宙と芸術: かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ
森美術館
4582206859

↑カタログはAmazonでも買えるよー。



posted by 深月 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

江口寿史展 KING OF POP

160110江口展.jpg2016.1.10(sun)
@川崎市民ミュージアム

美術展は、行きたいなあと思いつつもスルーしてしまいがち。それこそひとりでサクッと行けばいいのにね。
昨年の三原順展に行かなかった莫迦なアタシ。4ヶ月もあったのに。会期が長いと安心しちゃって逃してしまうというよくある例で(涙)
今回は絶対行く!
と宣言したら、同行者がひとりみつかった☆
という訳で、春のような暖かい日曜日にウキウキと行って来たのであった。

川崎に住んでいたこともあるのに、川崎市民ミュージアムに行くのは初めて。
武蔵小杉で待ち合わせて早めのランチを済ませ、バスに乗って10分くらいだったかな。日曜の午後なんて相当混むんじゃなかろうかと覚悟してたんだけど、びっくりするほど空いていた。あれ・・・?! やっぱ都心じゃないからかしらん。

続きを読む
posted by 深月 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

SHUNGA 春画展 @永青文庫

151030春画展.jpg2015.10.30(金)

やー!
見て来ちゃったよ春画展。
もともと浮世絵は割と好きで、詳しくはないけどちょいちょい美術館などへ見に行ってはいるのだ。
でも春画はねえ。なかなか無い・・・というか、そもそも春画を集めた本格的な展覧会が日本初!なのだそうだ。
え、そうなんだ。と意外な気もするけどやはり、ああ、そうだねえ〜。と納得もできる。
とにかく次があるかどうかなどしれたものではない。是非とも見ておかなくては!と、前売りペアチケットを購入しておいたのであった。

午後二時半、時間帯としては賑わう頃ではあるけれど、平日だし、会期もまだ半分以上あるし・・・と高をくくっていたらマァ吃驚の混雑っぷりですわよ奥さん。
施設自体がこぢんまりとしていて展示の規模もそんなに大きくないから、完全にキャパオーバー。
どの部屋も芋洗い状態で、肌寒い日だったのに人いきれでやたらと暑かった。冷房は最強にして稼働中だというのに! アレは物理的に人が多いというだけでなく、一種異様な熱気がこもっていた様に思う(^^;
会場である永青文庫は初めて行ったんだけど、レトロでなかなかに趣のある建物だった。常設展とかの人の少ない時にぜひ再訪してみたい。

続きを読む
posted by 深月 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

『SIMONDOLL』四ツ谷シモン

1406四谷シモン.jpg2014.7.1(tue) @そごう美術館

会期ギリギリ、すべりこみ!
今回も高校時代からの友人ふたりと一緒に行って来た。
去年はミュシャ、ベルばら、中原淳一と立て続けに見に行った面子なのだ。
そごう美術館は駅直結、規模もさほど大きくないので、平日の昼間にさっと見てランチして解散…という主婦にとっては利用しやすい施設。
友人ふたりはおかあさんなので、夕方には帰れるというのがいいみたい。
アタシにとっては、待ち合わせの10分前に家を出れば間に合うという近さが最大のメリットだな〜〜。

四ツ谷シモン。球体関節人形の第一人者。
いくつかの作品は実物を目にしたこともあるし、写真などもあちらこちらで見かけたりするけど、本当にもう「見たことある〜」てだけ。
なので、今回の展示はなかなかに興味深く、おもしろかった。
続きを読む
posted by 深月 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

野口哲哉の武者分類(むしゃぶるい)図鑑

1404武者分類.jpg2014.4.5(土) @練馬区立美術館

『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)で紹介されたのを見て吃驚した。
何コレ笑える〜てかスゴいわー、めちゃ好み系!
「これは絶対行くしか無い」
…と呟いていたら、友だちが「では一緒に」と手を挙げてくれたので、会期ギリギリに滑り込み観賞☆

池袋で待ち合わせ、腹拵えをしてから中村橋へ。
初めて行く場所だったけれども、駅からすぐで超便利。
敷地内には枝垂れ桜が咲いていて、少し散り始めていたけどじゅうぶん美しかった。
会期があすまでという滑り込みな日程だったので、すっごく混んでるかも…と懸念したけれど、見づらいほどの混雑ではなかったのでホッ。
それでもこの美術館は、普段より混んでいる状態だったらしい。野口さん、大人気。

主な見どころはテレビで紹介されちゃってたんだけど、やはり現物を見るというのはいいね。
いろんな角度で見られるし、映像では判らなかった質感とか微妙な色とか大きさ、佇まいを味わえる。
とにかく仕事が細かい!
鎧兜は本物と同じ造りだし、人物もすごくリアル。
原寸じゃなく1/2とか1/3、1/10なんサイズだから、余計に細かい。緻密というか、細微というか。
古い資料や絵画に見せかけた平面作品も、シミや汚れ、褪色とかをリアルに再現。ほわー、しゅごい。
またそのキャプションも、秀逸。自分で描いた架空の人物に「〜の子孫である可能性が高い」とか、大真面目なフィクションがたまらない。
キャプション以外のごあいさつや来歴などといった文章も、読みやすくそこはかとなくユーモアを滲ませていて、作者の人柄が窺われて好印象。
野口氏は『ぶら美』に出演して自身の作品を解説していたのだが、にこにこと終始笑顔で小柄かつ童顔な方で(まるで高校生!)、それらの文章からもご本人の雰囲気がにじみ出ている気がした。

同行の友が「これって中二病?」と言う。まさにそうだともおもうけれど、「何にせよここまで突き詰めれば本物」なのではないかと。

話題になったシャネル侍や、頭にタケコプター様のものをつけて飛来する武士の集団、付喪神と化した兎の兜と会話する若い武士、甲冑にショルダーバッグとスニーカーの武士…。
サブカルと古美術、アートとお遊びが渾然一体。
作品以外にも作家さんの私物(インスピレーションの源となったプラモや雑誌、フィギュアなど)の展示も。それらには塗料が付着していてさもありなんと思ったり、「野口秘蔵」と書いてあってくすっと笑ったり。
そういったコレクションを見ても、アタシとはかなり世代が違うなあと。1980年生まれだもんなあ…。アタシが子どもの頃はフィギュアなんてなかったもんね。ソフビ人形だもん(笑)

展示室の狭間にクロッキーというか、アニメの設定資料の様な絵があった。(着彩は絶対コピック)
B3かA2くらいの紙(きっとPM PAD)に出品作の絵をマーカーでさらっと描き散らし、真ん中には「ぜんぶ雪のせいだ」とある。
どうやらこの展示会、初日は大雪のために延期になったらしい。ありゃー(^^;
2月は大雪が2週続けて降ったもんねえ。あれからひと月半、桜も散る頃にやっと見ているアタシ。遅いなーー。

図録を買うか激しく迷ったけど、結局絵はがきを何枚か買うのみにとどまる。
野口氏ご本人がエントランスのカフェコーナーにいらしたので、図録ならサインをねだれるのに〜〜と煩悶したんだけど。ホント吝いなアタシ(^^;
お仕事の話でもされている様だったので、遠慮して声もかけられず。うーーーん、ちょっと残念。
また近くで展示会があったらぜひ行きたい。
そうそう、この展示はきのうから京都に巡回しているそうなので、関西方面の方はどうぞお運びくださいませ。

↓ここのインタビュー記事がよかったです。写真も◎
ART YOURS インタビュー1インタビュー2

ギャラリー玉栄さん
posted by 深月 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

プーシキン美術館展@横浜美術館

130910プーシキン.jpg2013.9.10(火)  15:30〜18:00
一般 ¥1500(前売り ¥1300)


みなさま、ご無沙汰しています。
相変わらず、遊び歩いてるかボーッとしてるか、または呑んでるか、の日々を送っている深月です。
アタシのMacくんには、ライブレポや観劇日記を書きかけて、3行くらいで止まったままのテキストデータがたんまり。どーしてこーなるの?!

考えても埒があかない(^^;
しょうがないので、お気楽日記的文章で時間をかけずに書くという目標をたててみたり。
…みたりしたけどなかなかうまくいかない。
すぐ長文になったり、熟考したり、いろんなコトを調べまくって時間をかけてしまう。
うーん、どうすりゃいいのよ。

というわけで、兎に角、直近の記事からサクサクUPしてしまおう、という作戦で。
行こうかな、どうしようかなあとおもってたら、あっという間に会期がわずかになってしまったプーシキン美術館展。まずはこいつをやっつけよう。
横浜は近いし、よっしゃ行くか!と行ってきた〜。
(しかし7/6からやってたのに、なぜ9月になってから…ホント腰が重いなアタシ)


まず9日月曜日、仕事で川崎に行ったのだが、そのとき通りがかった金券ショップでプーシキン美術館展のチケットを発見!
一般の当日券1500円のところ、前売りと同額の1300円。10mくらい通り過ぎてから、取って返して購入。
安くなってはいないが、超人気の展覧会なのでこんなものだろう。混んでるとチケット買うだけでも並ぶから、事前ゲットは望ましい。しかもオリジナルチケット。イープラスで買うと味も素っ気もない券面だから、それだけでも嬉しい♪

翌10日、火曜日に遂行。
朝イチで行こうと思ったけど、公式サイトに「平日でも開館前の行列がすごくて午前中から大混雑」とあった。「16時以降が比較的空いている」とのことで、夕方に賭けることにした。
家事や用事を早めに済ませ、15時ちょいに家を出た。現地には15:25着。入り口からは長蛇の列が…ぎゃーーーー!!
130910pusikin.jpgチケットを買う列なのか?と期待したけど、チケット持ってても無くても一列に並ぶらしい。最後尾には「30分待ち」のパネルを持ったお姉さんが…。
きょうはやめて金曜に再チャレンジするか?と自問自答したが、イヤもっと混んでいないとも限らない…と、おとなしく列に並んだ。(会期の終了間際は混雑するって判ってるのに、何故かいつも滑り込みしちゃう。学習しろ自分)

25分ほどで館内に入れた。
音声案内は水谷豊で、ちょっとココロ惹かれたが断念。でもやはり相棒人気なのか、多くの人が利用していた様子。アタシは3日前にカツヤ・コバヤーシの音声案内を奮発したので、今回はガマン、我慢。
そしてやはり、場内混んでるーーー(-_-;;;
ある程度覚悟はしていたので、入り口付近の人だかりをやり過ごし、空いていそうなところを目指して突入〜〜。
今回の目玉、ルノワールの一角を過ぎたところから観賞スタート。


いやはや、混んでたけど、やっぱ良かった眼福眼福。
順番にこだわらず、空いてるところを狙って見て行って、最後17時すぎにはさすがに人も少なくなってきたので、ゆっくり2巡目を堪能。
しっかし当時のロシアは相当お金持ちだったのねえ。モロゾフ&シチューキン(超富豪コレクター)すげえな! 革命で全没収されたのは本当にお気の毒だとおもうわ。。。

目玉のルノワール≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫は意外に小さい作品だったけど、さすがにすてきだった。モデルの愛らしい表情、背景のやわらかなピンク、ほんわりとした筆致…。
モネの≪陽だまりのライラック≫、ドガの≪バレエの稽古≫、どれもタメイキ。
印象派・後期印象派も良いけれど、もっとクラシックな作品も実は好き。
筆のストロークを排除した妙に写実的な表現で、宗教画や神話といった絵空事を題材にした絵画。布の質感、金属の光沢、宝石の透明感やハイライト。余りのリアルさにマジマジ見ちゃう。なのに全体を見ると、ものすごく「絵」っぽいのは何故なのかなあ。
あと、神話なんかはけっこうエロティックだったり。するのもステキ。宗教画だって、超お硬い題材なはずなのに、なんでこのヒト片乳ぽろりしてんのかなーっていうの多いし(笑)
まあ神様ってのは、たいてい好色だよね。


堪能し終わって常設展も見ようかとおもったら、なんと閉館10分前。
しょうがないのでグッズをながめ、ポストカードを数枚購入し、帰途についたのであった。
はちみつのキャンディは気になったけど、フランボワーズとあるのに果汁は入ってなくて香料と着色料ばっかりなのでやめた…。
ポストカードも色がずいぶん違って、本物のイメージが壊されちゃいそうではあったんだけど。(これを画家が見たらショックだろうな…)

今回の展示は66点ほどでそんなに大規模ではなかったものの、なかなか見応えはあってやはり行って良かったとおもえるものだった。
実際のプーシキンは収蔵作品67万点とのことなので、今回の展示会は…なんと1万分の1しかなかった訳で。もしロシアへ行くことがあったら是非とも行ってみたいものだなあ。なかなかむつかしいだろうけど(^^;

プーシキン美術館展公式サイト
posted by 深月 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

ミュシャ展 〜パリの夢 モラヴィアの祈り〜

1305mucha展.jpg2013.3.19〜5.19 @森アーツセンターギャラリー

日本人なら誰でも知ってる、超人気画家でイラストレーターでグラフィックデザイナー、アルフォンス・ミュシャ。
アタシもご多分にもれず…十数年前にも大規模な展示会を観たことがあるけれど、やはりこれは行っておかなくては!と、早割ペアチケットを購入。しかしふと気がつけば会期も終盤。慌ててスケジュールを確認し、なんとか最終日にすべりこみ観賞。
いやはや、当然のように大混雑。半年近く前にチケットを買ったのに、会期前半の平日に行くつもりだったのに、何故こんなことに? 摩訶不思議(笑)

というわけで、普段は殆ど縁が無い六本木ヒルズに今月二度目の訪問〜。(一回目はゴールデンウィークにフリーライブでEGO-WRAPPIN’)
混むのは判っていたので朝イチで行こうと、9時半に入り口で友人と待ち合わせ。約束の時間ちょっと前に着いたけど、すでに行列ができていた。やっぱり…。
だけどチケットは前もって購入してあったので、意外とスムーズに入場できた。先に空いてる奥の方を観たりして、さほどストレスなく観賞できてよかったわー。

展示の内容は、有名なポスターや挿絵もたくさんあったし、その他にも油彩やスケッチに習作、写真、アクセサリーのデザインやその実物などもあって見応えたっぷり。そして《スラヴ叙事詩》など故郷への想いに重点をおいた展示で、これまで観てきた展示会より重厚だったように感じた。
モラヴィアやスラヴなどの知識はほとんどないので、こんなアタシが観ても勿体ないような気持ち。ただ壮大なスケールと強く熱い想いに茫然とするばかりで。彼の地の歴史や文化を知れば、もっと違う感懐があるんだろうなあ。
会場内で観た写真や動画を観て、チェコにも行ってみたいなあとおもった。

なんだかんだ言っても華やかなパリ時代の作品は大人気よねー。うつくしいものは心が潤うわ。
太い輪郭線はまんが的で浮世絵っぽいし、日本人には親しみやすいのかな。時代を感じないというか、100年前の絵なのに古びてないのがすごい。
衣装の柄が着物っぽいとか、幾何学模様が細かすぎてどう描いてるんだろうとか、女性が肉感的でかなりぽっちゃりだとか、言いたいこと言いつつ堪能した〜。
山岸凉子のイラストにミュシャっぽいのがあったとか、清水玲子はミュシャ的と言われて意識してそれっぽいのを描いたとかいう話を思い出したり。
こういう展示会に来ると刺激を受けて、自分もまた何か描きたくなるよ。(だったら描けばいいのに)

会場を出てグッズ販売のコーナーへ…って、何この行列?!
この展示会で最も混んでいるのは“夢想”でも“ジスモンダ”でもなく、ミュージアムショップだった(笑)
単純に人が多いってのもあるけど、何だか鬼気迫る勢いで物色している人もいて、なんだかすごかった…。そして圧倒的に女性が多いのに、険しい形相で買い物してるのは必ず男性だという。「マニア」は男性に多いというコトなのかしらん。
アタシが買ったのは絵はがきとチケットホルダーだけ。いいなあとおもったのを手に取ってたらキリがなくなったので、1点買いにした。アレコレ欲しいなら、いっそ画集を買った方がいいもんね。

有名な作品は改めてうっとりして、初めて見る作品はわくわくして。やはり行っておくべきだったと満足。
東京の展示会は終わったけど、このあと何カ所か廻るそう。興味のある方はぜひ♪

ミュシャ展(東京)オフィシャルサイト

posted by 深月 at 15:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする