2018年02月19日

ユースムースアヴェニュー@吉祥寺PlanetK

180219有無.jpg2018.2.19(mon) 19:35〜
¥0(+2D¥1000)

ユースムースのバンドセットがなかなか都合が合わず、去年の10月からずっとお預け。なぜか芝居やら他のライブやらが被ってしまうのだ。そしてこの日もmoke(s)@府中と被ってしまい、どっちに行くかで煩悶した。ら。
ユースムースの出番は19:35から25分、moke(s)は21:10から・・・てことはハシゴできる!と気づいて欣喜雀躍!
とゆーわけで、吉祥寺→府中と渡り歩いた深月なのでした☆

続きを読む
posted by 深月 at 20:15| Comment(0) | ユースムースアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

ユースムースアヴェニュー@新代田crossing

180212有無.jpg2018.2.12(月・休)17:30〜
¥2,800+D代
『ケンチュの振替休日 & ギリギリコミック 森のお誕生日会 合併号』
タイトル長っ!

しばらくユースムースアヴェニューに会えてなかったので、この日は行くしかない!と予約。その直後にソールドアウトとなってひやっとした〜(^^;
予約したはいいけど、他の出演者はぜんぜん知らないや〜、どういうイベントなんだろ?

続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | ユースムースアヴェニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

青江好祐 @TSUTAYA O-Crest

170402aoe.jpg2017.4.2 (sat) 19:10〜
¥2500(+D代)

「ひまわり広場で手をつなごう 3rd anniversary event Final!!!」
↑という、ライブハウス(ライブカフェ?)の3周年記念のイベントに、青江くんがご出演。とゆーことで、行ってまいりました! 青江くんのソロ出演だけれども、近藤くんがバックでギターを弾くというなら行くしかないでしょ?
しかし☆
この日はまっちーこと町田直隆ソロのライブもあったのだ。
どっちを見に行くかものすごく迷って悩んで、間際になって出演時間を確認したらば何とかはしごできる?!と浮かれて両方に予約を入れたものである。
自分のなかですっごく盛り上がって、ワクワクとシュミレートしてたら下北沢だと思っていたまっちーライブが、何と西荻窪だった。・・・待てよ、青江くんは渋谷で、しかもクレストだ。駅からちょっと歩かねばならない。アレ?これ間に合うの? ライブってのは基本10分押しで進行するよね・・・。ちょうギリギリかも。しかも仕事(立ちっぱなしの販売系)帰りにダッシュだなんて、ハードすぎるお年頃なんですけどあうあうぅ。

続きを読む

2017年02月25日

ユースムースについての追記とか

前の記事で書き忘れていたけれど、青江くんがMCでエゴサーチをめっちゃするという話をしていて。

めっちゃ笑いを取っていたけど、実際ものをつくる人ってのはそういうものだよね。海北くんもすっごくエゴサしてるし、音楽やってる人だけでなく漫画家や小説家、映画監督に俳優脚本家演出家、などなど。軽い気持ちで感想をSNSにもらしたら、作者さんから「いいね」とかリプライがあったりなんてのも、最近ではよくあることだし。なんかそれもすごいな、と思うけど。

でまあ青江くんのエゴサ話に戻ると、
「ユースムースアヴェニュー」だけでなく
「ユースムースアベニュー」でも検索すると。
「ユースムース」だけとか、
もちろん「青江好祐」でも、
「青江」だけでも。(最近はなんか刀方面のがやたらヒットするらしいw)
そうやって検索して、何をする訳でもないという話。
検索結果を眺めながら、それをアテにお酒を飲むのだそうなw

そして相方の近藤くんはと言えば、「僕はあんまり・・・」らしい。まあそうだろうなあ。エゴサーチなんて、見るからに?してなさそうよね〜〜。
クリエイターというよりエンジニアっぽいのかな。職人っぽいというか。ギター職人。ふふ。


2017年02月24日

ユースムースアヴェニュー「有るときばらいのさいそく無しvol.14」

170224有無.png2017.2.24(fri) 20:00〜 @吉祥寺PlanetK
前売:2500+ドリンク600(アルコール)

昨年再結成したユースムースアヴェニュー、満を持してのレコ発ワンマンライブ!
ライブ友をシュノーケルとの2マンに誘ったところ、ユースムースも気に入ってくれたので、めでたく楽しくふたり参戦☆ いつもぼっちだったので、大変にうれしい。。
早々に青江くんがセットリストを上げてくれたので貼っておきまする。
続きを読む

2016年09月29日

ユースムースアヴェニュー@下北沢440

2016.9.29(thu) 19:00〜
160929-有無.jpg前売:¥2,500(+D600)

柴山一幸presents『born to music vol.3』
↑という対バンライブにユースムースアヴェニューが出るというので、ほっくん弾き語りの帰りに440に寄ってチケットを買ったら整理番号が1番であった(^^;)開演ちょっと前に行くから番号は関係ないんだけど、ちょっと嬉しい☆

ユースムースはトップバッター。続きを読む

2016年09月02日

祝☆ユースムースアヴェニュー再結成♪

久々の突発記事です!
このブログでも何度か紹介したことのある、ユースムースアヴェニュー。大好きなバンド。
ポップでキャッチーなメロディ、美しいハーモニー、遊びゴコロ溢れつつちょっぴり淋しんぼな歌詞。ふんわり薫るビートリッシュフレーバー。
ライブには数えるほどしか行けないうちに惜しくも解散してしまい、涙を笑顔で隠したラストライブは2009年。もう7年か!(その時の記事はコチラ

そんな彼らが、再結成!!
解散時にはメンバーがふたりになっていたけど、そのおふたりが最近は一緒のイベントに出たり、弾き語りデュオ「剃毛&また生えてくる」として活動したりして、なになに仲良いじゃないの! 縒り戻しちゃいなよ! と、ココロの中で叫んでいたのですよ。時々ご本人たちにもつるっと云っちゃってたけどね(笑)
その甲斐あってか(たぶんそう吹き込んだのはアタシだけじゃない筈。たくさんの人に言われてたんだとおもう)、とうとう再結成!! 芽出たい!





実はきょう、彼らのライブなんですよ。
青江バンドにギタリストとして近藤くん、というカタチで。でもタイトルがね、
『青江好祐35歳自分探しの旅ツアー 〜そうだ、もう一回東京でやってみよう〜』
って。
え、それってつまり、もう一度バンドやってみるってこと・・・?
ライブの告知があったのが6月だったんだけど、その時にはすでに・・・
いやいや。どういうことか、今夜聞けるかもしれないね。期待!


ユースムースの新曲かな?
ショートver.だけど、相変わらず佳い曲っぽい感じがプンプンする!
相変わらずと言えば近藤くんのルックス変わらなすぎてすごい。36歳だよ・・・ね?


2016年06月21日

フジタユウスケ バースデーワンマン@下北沢 風知空知

160621.jpg2016.6.21(tue) 19:00〜
前売:3,500(+D代500)
出演:フジタユウスケとゆかいな仲間たち
仲間とは→西村晋弥(シュノーケル)・香葉村多望(シュノーケル)・山田雅人(シュノーケル)・青江好祐・近藤光史

「風知空知入ル フジタユウスケ上ル YSK BIRTHDAY2016」と冠されたライブ。
フジタ氏の誕生日イベントだけど、実はご当人をあまり存じ上げないアタシ(シュノーケルとのツーマンで一度観たことがあるきり)。「仲間」のうちの青江・近藤ご両人が目当てで参加したので、一抹の後ろめたさが。
会場は行き慣れた風知空知だけど、いつもと違ってこの日はステージが店のど真ん中に。フジタ氏のご配慮だったらしいが、立ち見はカウンター越しなので、チト見にくかったよ…。まあ文句は言えないけどね。後ろめたいしね。

とはいえ、めっちゃ楽しかったーーー(笑)知らん人の誕生日祝いに紛れ混んで、しかも勝手にエンジョイしまくって来たとか不届き千万☆
つー訳で、覚え書なと。
続きを読む

2016年04月07日

近藤光史&THE MNz「唄のハレルヤ」

160407mnz.jpg2016.4.7(thu) @吉祥寺PLANET K
adv.¥2,000 + D代¥600(アルコール)

「唄のハレルヤ」とはどういうタイトルなのか定かではない。店側の企画イベントなのかな。お目当ての近藤くんは20:20からの出番ということで、一旦帰宅してから吉祥寺へ。短時間でできるちんすこうを焼いて持参〜(^-^

時間を合わせて入場したけれど、どうやら押しているっぽい。ステージではひとつ前のバンドが始まったところだった。
見た目あやしげなTHE☆TACOSというバンド。メキシコから来たとかバリバリ日本語でMCして、色物かと思いきや演奏はなかなか格好良いインストバンドであった。助っ人のギターさんが「マロン」と可愛らしい名前で呼ばれてるのに、超こってりなぽっちゃりしたジミヘン的ルックスww

結局、近藤光史&THE MNz(こんどうみつじ あんど ざ めがねーず)がスタートしたのは45分押しだったかな〜(^^;
でもたぶん持ち時間30分、しっかり魅せてもらいました!
セットリスト、どん☆
続きを読む

2016年03月11日

剃毛&また生えてくる@ひまわり広場で手をつなごう

160311剃毛.jpg2016.3.11(fri) 19:00〜
2nd year anniversary event!!
「ひまわり広場で手をつなごう」
¥2,500 D別

渋谷からてくてく歩いて原宿へ。昨年の10月以来の剃毛ライブ(なんかヤバいイベントみたい・笑)!
アタシのお目当ては、ウッディ〜なカッフェーにぴったりのかわいらしいお嬢さんがたの弾き語り・・・に混じって出演する、アヤシいオッサンのギターデュオ(笑)
続きを読む

2016年01月20日

近藤光史 & THE MNz @町田プレイハウス

160120めがねーず.jpg2016.1.20(wed) 18:50〜
当日:¥0 D:¥600

2016年、一発目の近藤光史くん。何と無料! ありがたい〜
みいちゃむpresents『辛い時こそよく笑え!』
…というイベント名があるけど、みいちゃむという方を存じ上げないし、他の出演者も誰も知った名前が無いので、どんなイベントなのかは不明。でも無料なら無問題(笑)
近藤くんの出演時間少し前にプレイハウス到着。ここ来たことあるわと思ったら、やはり近藤くん目当てで数年前に一度来ていたんだった。

相変わらずキュートで元気な近藤くんのギタープレイを拝見・拝聴し眼福&耳福♪
ご本人が仰有るに「出来心的」だという新曲もかわいらしく且つビートリッシュでグー。
MCでビートルズの“プリーズ・プリーズ・ミー”とほぼ同じ様な曲だとカミングアウトしてたけど、それを言ったら“はじまるミステリーツアー”だって“ペーパーバック・ライター”と“マジカル・ミステリー・ツアー”のミックスではありませぬか(笑)



めがねーずのライブは本当に楽しくて大好き。
ポップでロケンロー、がっしりしたリズム隊、めっちゃ飛び跳ねてるのに確かなテクニックのギター☆ ビートリッシュなバンドには欠かせないコーラスもバッチリ。
“ハニーカム”〜“ハッピーエンド”の流れで盛り上がった!!
あー、もっといっぱい聴きたーーい! 2マンか、せめて3マンやってくれないかなあ。

めがねーずとしてのライブは次回がまだ未定ということで、焦らされるわもう。
次回は「剃毛&また生えてくる」(←青江好祐くんとやってる弾き語りデュオw)が3月11日ですって。んん? その日はサンシャインでソワレじゃん! うーーわーーー(泣)
チケット里子に出すか? でもチケット到着が一週間前なのよおおおおお〜(悩)

1. はじまるミステリーツアー
2. レディゴー
3. SKY
4. 花占いが好きな女の子(新曲)
5. ハニーカム
6. ハッピーエンド


思うに。近藤くんの曲も、歌詞やタイトルが洒落のきいているものが多い。
“ハニーカム”と「はにかむ(含羞む)」とか、“カントリー道路”とかとか。
ユースムース時代にも顕著だったというか、大きな特徴だった訳だけども。“伊豆の魔法使い”、“余韻ランドリー”など他多数。
これは青江くんの影響なのか、近藤くんの元々の資質なのか、はたまた関西人の性なのか…。気になるところではある。


2015年11月15日

青江好祐と近藤光史&THE MNz (ざ・めがねーず)

151115プラK.jpg2015.11.15(sun) 18:00〜
@吉祥寺プラネットK

先月に続き、元ユースムースのおふたりがまたまた縒りを戻す(笑)というので、この機会をのがしてはならじと行ってきた。
実はこの日、フタリロストの予約をしていたのだが…マチネとは言え熊谷から吉祥寺だとギリギリすぎるので、泣く泣くキャンセル。マチネ開演がもう1時間早かったらなあ。若しく夜の方の出番が2つめ以降だったら…はうう(;;

さて。
ビートリッシュ(注:ビートルズ色が濃いという意味。造語らしいw)なイベントの先鋒で出演の彼ら。
青江氏はそれっぽいジャケットをお召しで、若干ガニ股気味での演奏だったり。何より楽曲がそこはかとなくビートリッシュ。
まずはセットリスト、ドン☆
続きを読む

2015年10月03日

剃毛&また生えてくる@ひまわり広場で手をつなごう

151003剃毛〜.JPG2015.10.3(sat) 18:00〜 前売¥2,500- D代別

「剃毛&また生えてくる」というのは、元ユースムースアヴェニューのおふたり─青江好祐氏と近藤光史氏の(新進気鋭)デュオだそう。
二年前にもライブがあったんだけども、残念ながら見逃してしまったアタシ。今回めでたく初参戦♪
けど思うでしょ? 何でこの名前なの・・・って。
どういう意味があるのかよく判ってないけど、そこはかとなく卑陋なかほりのするネーミングは、きっと青江センスなのであろう。(先っちょマッカートニーとかね)
大好きだったユースムース、大好きなふたりが一緒に演る! あすは川越にプチ遠征で連荘だけど、これは行かずばなるまい・・・というわけで行って来た!!

「ひまわり広場で手をつなごう」というイベント名だと思ってたら、店の名前であった。アットホームな雰囲気のカフェ&ライブスペース。へえーへえー。
カフェだけあって、ワンドリンクがおざなりじゃないのがいい。でもビールが800円はチト高い・・・。
でも直前にアイスコーヒーを飲んでお腹が冷えたので、温かい飲み物があるのが有難かった。カフェオレ600円也。
いやしかし。こんなかわいらしいカッフェーで、お目当ての出演者はと訊かれ「えーと、て・ていもう・・・」と答えるのはちみっとハードル高いぞ(^^;

きょうの出演者は5組で、一番め二番目と女の子ひとりの弾き語り。
真っ白な壁、ナチュラルウッドのダイニングテーブルや椅子、かわいらしいカフェにぴったりなお嬢さんたち。お客さんの雰囲気も、普段行き慣れたライブハウスとは全然違う。ここで「剃毛」が演るのか・・・。いいのだろうか・・・。という、よく判らない不安がよぎる。けど剃毛を見たことないアタシが何を心配してんのかがすでに判らない(笑)
そして三番め。アタシのお目当てである、不思議なバランスのルックスをした男子2人組登場☆
近藤くんはパイピングのジャケットにネクタイで、キュートなトラッド系。
青江氏は柄のシャツにヒゲ・・・。どことなく漂う胡散臭さ(^^;

そして・・・
いやー、もう大満足♡
持ち時間がたった30分というのが物足りない! あっという間過ぎて、もっと聴きたい!
サウンドオブサイレンスの美しいハモりで始まって、ハッとしたのも一瞬。最初のワンフレーズだけで「はいっ、という訳で〜」と落とす。30分のアクトのうちで5、6回やってた。もうその度に笑った。ハモりが美しいからギャグになるんだよなー。
洋楽カバーを何曲か、それと店長さんのバースデープレゼントとして店長さんが昔やってたバンドの曲をワンコーラス、オレたちの昔のレパートリーと言って“冬の稲妻”を歌い出して爆笑、ユースムース時代の曲“トゥー・ヴァージンズ”も。

相変わらず青江氏のトークはなんていうか自由というか、もう、独擅場ていうか最強だなあ。
バンド名を告げるハードルを上げてしまったことについてのお詫びから始まり、ユースムースを「どっこいハム太郎」という定番ネタも有りーの、店長さんとの昔話だとか、クリスマスは稼ぎ時だとか。。。
「次の曲で、ほぼほぼ最後です」と青江氏が言い、「ほぼって何よ?」と近藤くんが突っ込んだの、アレはわざとかなあ。
普通に最後だと言うと「えーーーっ」ってお客さんが言うじゃないですか。実際一番めと二番目の女の子のときは、両方とも盛大な「えーーー?!」があって、「皆さん優しいー!」なんてやってた訳ですよ。イヤそれが悪いとかなわけじゃなくて、アタシはちょっと、苦手と言うか。えーって言うの?言わないの?っていう空気が。えーってなっても、えーっがなくても、何かちょっと気持ち悪いのだ。何となく。
青江くんは、あのむずがゆいやり取りをやらずに済むようにしたのかなあ、なんて。考え過ぎかな。
そしてラストに小坂忠の“ありがとう”。作詞作曲は細野晴臣だとか。知らない曲だったけど、帰ってから調べた。
「(ありがというタイトルなのに)歌詞が全然感謝してない感じが好き」だと青江氏。なるほどー。

半分漫談、あとの半分は美しくもチャーミングな歌の数々。
曲数もいっぱいあったような気もするけど、MCもたっぷりだったし、思い返せば30分にしては盛りだくさんだった気もする。
ああ楽しかった!
来月はまたこの2人組でやるんだそうな。今度はバンドで!
それも楽しみーー!!

青江氏Twitterアカウント

近藤光史OfficialWebsite



2015年08月29日

『コンドウナイトvol.2!!』@下北沢BAR? CCO

150829コンドウナイト.jpg2015.8.29(sat) 20:00〜 ¥3,000(2D付)
近藤金吾/近藤光史/コンドウヒロユキ

ささやかながら応援しているコンドウミツジくん。本当はバンドで観たいんだけどなかなか予定が合わず、ずいぶん間があいちゃったので弾き語りライブにお邪魔してきた。
何と!出演者3人とも近藤さんのコンドウナイト!(他のふたりは初見)
入場すると名前を訊かれ、「近藤ミヅキ」と書かれた名札を首にかけられた。お客さん・スタッフとも全員「近藤」を名乗って一体感を得るという?趣向らしい(笑)

スタートはコンドウ3人でセッション。曲は近藤マッチの“スニーカー・ぶる〜す”。タイトルの表記を確認したら「ぶる〜す」ってww ひらがな&伸ばす音のにょろが時代を感じるw
コンドウヒロユキくんがスマホで歌詞を見ながら歌ってたw
何回か、客席に向かって「こんどうさーん!」とのコールあり。もちろん全員で「いえーい!』とレスポンス(^^

マッチの曲で昔のカラオケスナック的な盛り上がりのあと、コンドウヒロユキくんの出番。
鍵盤男子とふたりで、しっとりめなアクト。盛り上がった後だけにギャップがあり、本人も自分のペースが掴みにくいと苦笑い。
前の晩に予習で動画サイトをちょいと覗いた時は、曲がラップだというだけで「わー、苦手系だ」と早々にウィンドウを閉じたのだけど、実際に生で聴いてみるとそんなことはなかった。
ラップは1曲だけだったし、そもそもその曲も歌詞が面白くて聴きいっちゃったし。他はやさしげな曲、かわいい曲と、ソフトな感じで聴きやすかった。

2番目がミツジくん♪(Macよ、密事と変換するのはやめてくれ)
弾き語りでも立って演奏するのね〜。でもって音、でか! 声でか! 本人も「ヒロユキくんに比べてデカ過ぎる?」とw
そして風車弾き&ジャンプ!も演ってくれた〜。てかもうソレがネタ化してる(^^;
じゃらじゃら弾いてじっくり歌い上げる・・・ってな「弾き語り」のイメージとはかなり遠いわー。いやもう、ソレでいいですOKです好物ですので。
MCではおばあちゃんのたきゑさんの話を。(アタシのおばあちゃんの名前もその「ゑ」だよ!「ともゑ」だけど!)ミツジくんはおばあちゃんっ子で、可愛がってもらってたらしい。
おばあちゃんが亡くなった時も、告別式がライブと重なってしまった時も、葬儀場の都合だかで日にちが変更になったとか。愛されてるのねえ。
地元駅のうただという“うねの”は、ふしぎな感じ。地元から遠く離れて外つ国へ、ビートルズの“ノルウェイの森”。アコギをシタール風に演奏。おもしろいな。
外国から、さらに遠く、と言って“Sky”。「すみません、チューニングが!」と中断したのが残念☆
ラストの“ハッピーエンド”はしっとりと。
セットリストは本人のツイートからまるっと引用させていただきました☆

1.レディゴー
2.はじまるミステリーツアー
3.マウンデス
4.タイトルなし
5.うねの
6.Norwegian Wood
7.SKY
8.ハッピーエンド


トリは近藤金吾氏。よく通る好い声であった。
大声とかそういう訳じゃないのに、会場中が彼の声で充たされる感じがした。
アタシは同い年くらいの方かとおもったら、少し年上らしい。やはりミュージシャンというのは若いな。
年代が同じせいか、ちょっとケラさんを彷彿とさせる雰囲気。
ミツジくんとふたり、“Two Of Us”を歌ってくれたのはうれしかった。
そういやBARのBGMもビートルズだったね。

最後はまた3人でセッション。“ギンギラギンにさりげなく”と、アンコールでもう一回“スニーカー・ぶる〜す”を。またもや盛り上がった!!
また次回、ありそうなことをにおわせて終演となった。(その時は名札を持って参加するということにw)
たのしかった(^^
次回があったら“情熱☆熱風・せれな〜で”をお願いします、とリクエストしておきました。演ってくれるかなー(この曲もひらがな&にょろだよwwww)


2015年02月27日

青江好祐☆レコ発ワンマンライブ@吉祥寺Planet K

150221青江.jpg2015.2.21(sat) 19:00〜 前売 2000円/当日 2500円

青江好祐2ndアルバム『Aoe in Blue』レコ初ワンマン!
行ってきましたよーー!
先月6年ぶりにライブに行って痛感したのだ。やはり青江好祐は聴かねばならぬと。
そのライブは待ち時間が短くて物足りなかったのだけど、今回はワンマン! ホント嬉しい。たっぷり聴かせてもらい、笑って踊って歌って楽しんだ!! 

続きを読む

2015年01月31日

【LIVE】青江好祐と男たち @渋谷Milkyway

150129Aoeflyer.jpg2015.1.29(thu) 19:00〜
『サークル・オブ・アホ☆スリリング』
出演:青江好祐と男たち/侘寂/東京ネイルキャッツ/The Rubies

6年ぶりに生の青江くんを観に行った。ユースムースアヴェニューのラストライブ以来だ。(そのときの記事はコチラ
ご無沙汰していた間に、彼はアヤシいオッサンになってしまっていた。見た目が。
あの爽やかな好青年はどこへ行ってしまったのでしょうか(涙)
ちょこちょこネットで見ていたあのアヤシいキャラは、彼の持ちキャラのひとつであればいいと思っていたんだけど・・・どうやらアレが今の彼のスタンダードらしい。ジョン・レノンばりの真ん中分けロンゲ&ヒゲ+眼鏡。長身痩躯でさらにジョン感いや増すというか。

ま、ルックスのハナシは置いといて(^^;
スケジュール的な問題か、若しくは対バン的な問題(?)などでなかなか行けなかったんだけれども、今回は休みの日!しかもウチからは出やすい渋谷!そして近藤くんがギターを弾く!(コレ重要☆)というので行って来たのである。
4バンドが出演するイベントで、「青江好祐と男たち」はトップバッター。
姿は変われども、声が。声は変わらないね。ああ、この声だ!と嬉しくなった。
そして下手側には近藤光史ー! 風車弾ききたーー!(喜)近藤くんは全然変わらない!
知らない曲も、知ってる曲も、たーのしかったーー♪ “ホップ・ステップ・スランプ”、めちゃ懐かしい〜。
青江氏、「近藤くんとは『ぽんぽこハム太郎』ってバンドやってた」とか言ってた。いや『どすこいハム太郎』だったかな? いや、どたばた?・・・(すっかり失念)

来月は2ndアルバムが出るということで、レコ初ワンマンライブの告知もあった。ブログ見て知ってたけど。
当然のようにプラK。ふー、吉祥寺は遠いけど行くかなあ。シュノーケルがあるから、2週続けてプラKだ(^^;
最後の曲は、その2ndにも入らないという新曲“群青劇”。 (←デモ音源。映像はかなりイロモノ入ってますが(^^;)曲はしっとり目のバラードよ)
あー、対バン多いしやっぱ短い〜。30分そこそこなんて、物足りない! やっぱワンマン行くしかない。


という訳で、あっという間に男たちの出番は終了。
転換の隙に、物販で青江くんの1stアルバムを購入。なんと16曲入りで1000円! 安すぎる! ちなみに今度出る2ndは2000円だそう。それくらい取ってくださいよもう、気前良すぎでしょーー(^^;
そして近藤くんに訊いてみたら自分の音源も持って来てるというので、バンドのと弾き語りのCDをこちらも目出度くゲット☆
それらを聴きながらコレを書いているのであります。ふふ♡

もう目的は果たしたのでもう帰っちゃおうかと迷ったが、このイベントに彼らを呼んだ主宰(?)を見ておこうかと残ってみることに。
他はみんな知らないバンドばかり。素敵な音楽と巡り会えればラッキーと思っていたけど・・・アウェイ感ひしひし。しかもフロアがすいてるんで、ステージの真ん前だけ広場みたいに空間が出来るし、みんな煙草すぱすぱ吸うしで居心地は良くなかったけど・・・近藤くんとちょこちょこお話できて嬉しかったので、つい居残り。(思った通り、感じの良い方であった。アラカルトの話とか振ってくれたりして、いい人だなあ・・・)

150129Aoe近藤.jpg2番目は侘寂と書いて「わさび」と読ませるんだそう。ワンレン黒髪の女性ボーカルで、ロックっぽい歌謡曲といったところ。バブルの時代を彷彿させる衣装であった。
3つ目は東京ネイルキャッツ。ボーカルがホストみたい(ケラにちょっと似てる?)なのに音はちょっとパンクっぽいテイストで不思議。コール&レスポンスを求められてフロアはちと困惑〜。
トリがThe Rubies。以前はエメラルズというバンドだったらしい。宝石好き? 楽器をやらず、ただ賑やかしみたいなメンバーがいて驚いた。途中でタンバリンやマラカスをフロアの全員に配って皆でシャンシャンやったり、クラッカーも配って一斉に鳴らしたり、台車にお客さんを載せてフロアを廻ったり、お祭りみたいでみんなで大笑い。お陰で曲の印象が薄くて、ロケンローな感じだったような気がするとだけ・・・。ボーカルの流し目度が凄かったのはよく憶えてるんだけど(^^;

抜け出すタイミングを逸して、結局ぜんぶ見ちゃった。
物足りなさは来月補填させてもらうことにして、今は音源でつなぐことにしませう。
チケ代稼がんとな〜

2009年03月04日

ユースムースアヴェニューONE MAN LIVE@吉祥寺PlanetK

2009.2.28(sat)
“有るときばらいのさいそく無し FINAL!!”〜Sweets〜


楽しかったけど、やっぱり淋しく切ないラストライブ。
ふたりが同じステージに立つ姿は、きょうが見納め。ちいさなプラKは大入満員。
それを見てボーカルの青江氏は「皆、今までどこにいたんだ?!」と宣うた。

アタシが彼らを知ったきっかけは、3年前。2005年10月10日、自由が丘の女神まつり。
その日はバイトが終わった後、ひとりでおまつりの屋台や売店をひやかしていた。駅前広場の特設ステージ前をとおりすがったとき、楽器をセッティングしている彼らの姿を一目見て「絶対好みの音を出すバンドだ」とわかったのだ。(青江くんの白シャツ姿に目がくらんだとも言える)
果たして、15分後に鳴り出した音はキラッキラ☆キュート&ロケンローで、いっぺんで気に入ってしまった。

その日はデモCD-Rを貰って帰ったが、どうにも気になって翌日は自由が丘の山野楽器でCD『ビキニとレザーブーツ』を購入し、その日からはヘビーローテーション。

なかなかライブには足を運べなかったが、音源はずいぶん聴き倒した。
iTunes Storeで3ヶ月間毎週一曲ずつ計12曲を配信するという“THE LONG AND WINDING DOWNLOAD”という企画のときは、毎週毎週ほんとうにたのしみで、しあわせな3ヶ月間だった。


そうこうしているうちに月日はあっという間に経ち、先日おこなわれたラストライブにして初ワンマンというライブで、私のユースムースアヴェニュー体験も終止符が打たれたのだった。
ライブ中は楽しくて嬉しくて、生では初めて聴く曲達にときめきまくり。
ギターの近藤くんが、コーラスでなくメインで歌うのを始めて聴いておどろいたり(なかなかキレイな声で好みだった。ビックリ!)。

最後の最後、“伊豆の魔法使い”をうたいおわった青江くんの目は、ちょっぴり赤くなっていた。それを見たらアタシもなんだか、鼻の奥がつーんとしてきた。
ライブ終了後、おふたりは速攻で物販にあらわれて売り子をしていた。・・・もうすこし余韻にひたっていてもいいのになあ。
一番新しい、そして最後のアルバム『Sweets』を購入し、青江くんに握手して貰った。近藤くんにも声をかけたかったが、忙しそうなのでそのまま帰った。

きっとおふたりの、それぞれの活躍を目にすることがあるだろう。
だからいいや、今夜はこれで。アタシも黄色いレンガ道を歩いていくよ。
またきっと会おう。近いうちに。


THE LONG AND WINDING DOWNLOAD (配信限定アルバム)
もちろん一曲ずつの購入も可能。とりあえず試聴してみて♪

2006年12月27日

ブログ・ガール

最近のヘビロテ、ユースムースアヴェニュー。
お茶目なオトコノコ達なのだ。音もハッピーでカワイイの。
Podcastも面白くてオススメ! 毎週の更新が楽しみなアタシです♪

↓ちゃんとリンクしてるのか不明ですが・・・・。

ユースムースアベニュー - ブログガール (THE LONG AND WINDING DOWNLOAD 1) - Single

ダメだったら「ユースムースアヴェニュー」で検索してね。
Podcastは無料ですわよ。

彼らの公式サイトは→コチラ。