2017年05月05日

『燕子花図と夏秋渓流図』@根津美術館

170505根津美.jpg例年ゴールデンウィークには小旅行に行っていたのだが、今年は誕生祝いとして4月中旬に岩手に行ってしまったので、結局アタシにとっては平常運転の日々になってしまった。まあどこも混んでるからいいんだけどね。家人だけが遊びに行ったり部屋でダラダラしているウィークであった。
1日ぐらい一緒に出かけるか、ということでカキツバタを見に根津美術館へ☆

自分で意外だったが、ここは初めての訪問。美術展はけっこうアチコチ行ってたんだけどな〜。とにかくカキツバタで有名な美術館なので、たぶん一年で一番賑わう時期なのだと思う。
急に思い立って行ったのでチケットもなく、当日券で入ったけどまず先にお庭を拝見。ほぼ真っ盛りのカキツバタ、規模はこぢんまりだけど見ごたえは有り。ギラギラ陽射しのあっつい日で、紫の色が輝くような鮮やかさ。
人も多く、写真を撮るのに良いポイントは順番待ち状態(^^;
フジもまだ見頃で美しかったし、なんといっても新緑のモミジが清々しくてよかった。

170505根津美2.jpg汗をかきかき庭をぐるりと巡った後に館内へ戻ると、エアコンの涼しさに生き返るような気持ちに。うーん、夏みたい。
そしてタイトルの『燕子花図』を拝見。
生のカキツバタと比べると、ずいぶんと花の色が青いなあというのが第一印象。葉や茎の緑も実物より少し青みが勝っているかな。きれいな緑青色(ろくしょういろ)。フラットな色や全体のレイアウトも含め、デザイン画のようで洒落ていて美しい。
絵の具が随分と剥落していてもったいない。これ、出来上がった瞬間の色はどんなだったんだろうなあ。金箔も光沢があっだろうし、もっとギラギラと派手だったかも?

となりには『夏秋渓流図』。
前述の燕子花図もだけど、これも印刷物やテレビなどで見る機会の多かった絵。今回、なぜかとても気になってしまった。知名度としては光琳のほうが高いのだろうけど、私としては其一に軍配。なぜかは不明だけど。水の流れの躍動感とか? 写実的に描かれている部分と、笹とかの妙に単純化された部分が共存している不思議さとか? はて。
こうなってみると、去年サントリー美術館であった鈴木其一展を見なかったのが悔やまれるわー。

ほかに琳派の作品がいくつか、陶器、仏像、塗り物、青銅器、宝飾時計など小ぶりな美術館だけどなかなかに見応えがあって、おおいに堪能。
チケットの絵柄になっている双羊尊も展示してあって、これだー!と大喜び。かわいいー。
素敵な美術館だったので、いい展示があったらまた来ようと思うのであった。


posted by 深月 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

『空と雲とバラバラの奥さま』クロムモリブデン


170426クロム.jpg2017.4.26(水)19:30〜
前売:3600円

アベジョー(阿部丈二)の客演と聞き気になっていたものの、クロムは微妙に苦手なのでスルーするつもりが、えんぶショップでちょびっと割安のチケットが出ていたのでついポチってしまった。そんなわけでおそるおそるで観に行ったけれど、割と楽しめたのでまあ良かった。ほっ。


森の奥のそのまた奥に奥様の細道がありました。嫁ぎ嫁いだ花嫁が嫁いで驚愕!
二人の旦那がお出迎え、他にも奥様いるじゃない、お妾さんもいるじゃない、
姑さんも沢山いれば、女中も奴隷もてんこ盛り。
バイトのような花嫁は、派遣妻になれるのか!正妻になれるのか!
別れる時は分裂してもらいます!
頭かくしてツノかくさず!
ブキミなコトブキ!ウキウキコトブキ!
何故人は嫁ぐのか!
何故人は嫁を目指すのか!
公式サイトより>


いつもの通りネタバレ気にせず書きますよ。
さくっと箇条書きにて。

続きを読む
posted by 深月 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

『この世界にはない音楽』ZENRYOKU劇音団

170420zenryoku.jpg2017.4.20(木)19:00〜
@高円寺アトリエファンファーレ
前売:4000円

ZENRYOKU劇音団の旗揚げ公演は、気になりつつも日程が合わずに諦めた。それが去年の秋。この春に第二回公演があるということで、今度こそはと観に行った。前回公演に出演していた神田さん(鶴のベーシスト)が今回は出ていないというのが残念だったけど、とりあえずむっちゃん(武藤晃子)が出るのであればそれでいい。むっちゃんに逢いたい!

この演目自体は再演で、わたしは2009年版を観ているのだ。むっちゃんプロデュース「むーとぴあ」の第一回公演で。キャラメルボックスの西川くんが作曲家の役で、落ちこぼれ悪魔のむっちゃんとのやりとりが可愛らしく、且つしっとり切ないお話だった・・・とおもう。内容はあんまり憶えてないのよね(^^;)傑作ではないけれど、しっとりほっこりよかったね、というくらいの佳作だったように記憶している次第。
このブログを遡ってみたけど、残念ながら書いてはいなかった。自分のための備忘録でもあるんだけどなあ、コレ。やっぱちゃんと書かないと(^^;
続きを読む
posted by 深月 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

町田直隆『西荻サンセット』

170402西荻.jpg2017.4.2 (sat) 19:00〜
@西荻窪ARTRION
¥2500(+D代)

w:小田和奏
Guest:福田詠一郎

さて、いっこめのライブが20分押し(^^;)予想してはいたけどやっぱりな〜。即座にクレストを飛び出して駅へ向かう。時間は20時を数分を回ったところ。(前回までのあらすじ?はひとつ前のエントリーをごらんください)
調べてみると、急いでも西荻窪駅着が20:38。まっちーの出番は20:35から。
ぬう、間に合わん!
にっくき10分押しのセオリーだが、今はそれを切望する・・・!

続きを読む
posted by 深月 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青江好祐 @TSUTAYA O-Crest

170402aoe.jpg2017.4.2 (sat) 19:10〜
¥2500(+D代)

「ひまわり広場で手をつなごう 3rd anniversary event Final!!!」
↑という、ライブハウス(ライブカフェ?)の3周年記念のイベントに、青江くんがご出演。とゆーことで、行ってまいりました! 青江くんのソロ出演だけれども、近藤くんがバックでギターを弾くというなら行くしかないでしょ?
しかし☆
この日はまっちーこと町田直隆ソロのライブもあったのだ。
どっちを見に行くかものすごく迷って悩んで、間際になって出演時間を確認したらば何とかはしごできる?!と浮かれて両方に予約を入れたものである。
自分のなかですっごく盛り上がって、ワクワクとシュミレートしてたら下北沢だと思っていたまっちーライブが、何と西荻窪だった。・・・待てよ、青江くんは渋谷で、しかもクレストだ。駅からちょっと歩かねばならない。アレ?これ間に合うの? ライブってのは基本10分押しで進行するよね・・・。ちょうギリギリかも。しかも仕事(立ちっぱなしの販売系)帰りにダッシュだなんて、ハードすぎるお年頃なんですけどあうあうぅ。

続きを読む
posted by 深月 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする